最近のトラックバック

ホームページ

桜と北陸9名城巡り②

二日目は、福井城から始まります。

Dscn7680
福井城は、多くの都市でもよくあることですが、現在福井県庁になっています。建物はありませんが、本丸の内堀・石垣・天守台などが残っています。この辺りが搦め手から見た天守台方向になります。

Dscn7693
天守台は切込接の布積みです。真ん中に階段があります。(人がいない時を狙ったのですが、3団体来ていたので人が出てきてました。)
Dscn7695
天守台の隣には控天守台があります。真ん中あたりが崩れているのは1948年の福井地震によるものです。当時の地震の大きさを示すものとしてそのまま残されています。
Dscn7711

天守台近くに復元された御廊下橋です。ちょっと珍しい屋根付きの橋で、屋根には当時と同じ笏谷石(しゃくたにいし)の瓦が使われています。後ろの櫓門と合わせて8億5千万円かかったそうです。

Dscn7726_2
福井城から北ノ庄城までは町に残る城の痕跡などを見ながら進みました。途中で北陸新幹線開通で新しくなった福井駅を通りました。恐竜押しです。Dscn7740_2
北ノ庄城は江戸時代に福井城が建つ前の戦国時代に柴田勝家が建てた城です。北ノ庄城は柴田神社の下に埋まっています。神社には柴田勝家とお市の方、そして茶々・初・江の三姉妹の像があります。この下から発掘された石垣などの一部が見えるようになってていました。

次に、一乗谷朝倉氏遺跡に向かいます。
Dscn7761
一乗谷は東西約500メートル・南北約3キロメートルと狭い谷ですが、信長に滅ぼされる以前に越前国を支配していた朝倉氏の本拠地があった場所です。一乗谷朝倉氏遺跡は遺跡全体(面積278ヘクタール)が国の特別史跡、庭園が特別名勝、出土品が重要文化財に指定されています。谷に入るとずっと集落の遺跡が続いています。

Dscn7790
朝倉氏の館跡付近には、復原町並みとして約200mにわたり、当時の集落の様子が復元されています。復原町並みの中には、街道が通り侍屋敷や町屋が並んでいました。写っているのはいわば長屋形式の町屋です。Dscn7805
一乗谷川の橋(復元)をわたると朝倉氏の屋敷跡があります。桜の木の向こうに見える山の上には山城がありますが、道路が整備されているわけではないのでさすがにツアーで行ける範囲内ではありません。
Dscn7814
朝倉氏の館跡です。この唐門は現存する屋敷跡の入口です。中には建物の様子が発掘されていて、奥には庭園跡が残されています。この庭園跡が特別名勝の一つでこの建物の周辺にあと3つ残っています。さすがに、回れなかったので山城とこれは次の機会とします。

最近は天空の城としても有名になりつつある越前大野城です。
Dscn7833
越前大野城は、大野盆地にある標高約249mの亀山に築かれた平山城です。残っていたのは上部の石垣だけで、。どこでも水が湧き出すような雪深い盆地にあり、霧か出やすいため天守のある「天空の城」として有名になってきています。
Dscn7862
山頂には野面積みで出来た天守台の上に、望楼付きの2重3階の大天守に2重2階の小天守が再建されていますが、ここにあった天守を復元したものではありません。
Dscn7877
天守最上階の展望台からは大野盆地が見渡せます。周りには雪を被った山々が連なっています。左奥に白山があるはずですが…。

最後は今回一番の目的の丸岡城です。現存12天守の一つで、まだ出掛けていない最後の一つでした。
丸岡市街地の東に位置する小高い独立した丘陵に築かれた平山城で、近世に山麓部分が増築され、周囲に五角形の内堀が廻らされていた幼ですが、現在残っているのはこの天守だけです。この天守も昭和23年(1948年)の福井地震によって倒壊した後で、昭和30年(1955年)に部材を組みなおして修復再建されました。その時に少し改変されてしまったところもあるようです。

Dscn7907
独立式望楼型2重3階で、1階平面を天守台に余分を持たせて造られているため天守台を被せるような腰屋根が掛けられています。大入母屋の上に廻り縁のある小さな望楼を載せた古式の外観からで現存最古の天守と言われています。
Dscn7919
内部は展示室になっていてます。柱は一部当時のものを使っているようですが、所々新しいものも見られます。通し柱はなく、そのために地震に弱かったとも言われています。階段は当時のまま急角度でつけられているため、ロープが取り付けられています。
Dscn7949
屋根瓦には笏谷石(しゃくたにいし)製の石瓦が寒冷地であるという気候事情により葺かれているといわれています。どこか屋根が見えるところがないか探していたのですが、2階の窓から見ることができました。

城については、HPでさらに詳しくまとめます。


桜と北陸9名城巡り①

最後の現存12天守を見に北陸9城巡りツアーに参加しました。朝一の飛行機で小松空港に向かいましたが、また雷雨のため条件付きの出発です。

Dscn7390
とはいえ無事小松空港に着き、最初の見学地の安宅住吉神社へ参拝です。
Dscn7394
ここは難関突破の名所だそうです。簡単に言うと勧進帳の舞台です。

さて、ここからが城巡りです。今日は富山県と石川県です。
Dscn7436
まずは富山城址公園です。富山市中心部にある、富山藩前田家の居城・富山城の城跡に整備された公園です。ただし、天守は戦後になって建設された資料館で、当時の姿を残すものは堀と石垣です。

Dscn7416
まだ雨は降り続いてますが、展望台からは富山の町が見渡せます。
Dscn7430
右の野面積みの石垣は当時の遺跡ですが、天守下の石垣は綺麗に積み直したものです。枡形になっている天守下の石垣には当時の鏡石が組み込まれています。
Dscn7424
この門は、御殿にあった千歳御門(埋門)をここに移築したものです。総欅造りの薬医門で、江戸時代の門です。隣の小さな門が埋門です。

Dscn7438
次は、高岡古城公園です。ここは建造物はほとんど残っていませんが、100名城にも入っています。富山城が焼失したあとに築城し、約5年の夏の陣後に廃城になった。
Dscn7442
それでも100名城に選ばれているのは、廃城後も軍事拠点としての機能は密かに維持されて来たため、当時の水堀や曲輪などの縄張りがほぼ当時のまま残されているからです。ここは三の丸と本丸の間の堀になります。
Dscn7453
当時の建造物として残っているのは、二の丸から本丸(右側)に渡る道の下の石垣です。犬走りも少し残っています。
Dscn7458
反対側の石垣を本丸側の犬走りに下りて見ました。野面積みの石垣で表面には刻印なども残されています。

次も、100名城の一つである七尾城です。七尾城は七尾湾と富山湾に挟まれた城山の山頂に築かれた山城です。本来の入口は富山湾側ですが、駐車場は七尾氏側の本丸下にあります。
Dscn7495
山頂は長屋敷跡がありますが、城のあった方へ入っていきます。杉林の中に立派に石垣が見えてきます。ここは本丸手前の桜馬場北側の斜面になります。
Dscn7502
桜馬場と遊佐屋敷の間には石垣が残されています。
Dscn7514
本丸広場の最も高いところに今は神社が祀られています。Dscn7522
桜馬場と二の丸の間は枡形虎口になっていてここにあるのが九尺石です。大手門に置かれる鏡石の様なものです。
Dscn7529
まだ天気は回復しませんが、駐車場からは七尾南湾方向がよく見えます。

今日の最後は金沢城です。冬にも来ているので今回は石垣巡りがメインです。

Dscn7630
まだ僅かに桜が残る石川門は金沢城の現在の表門です。手前の百間堀を挟んでこちら側には兼六園があります。
Dscn7541
石川門枡形内の石垣です。右は切石積み(切込接ぎ)で左が粗加工石積み(打込接)になっていてます。

Dscn7551
再建された橋爪門・五十間長屋・菱櫓は綺麗に積み直されていますが、菱櫓から奥の二の丸石垣のは古い粗加工石積み(打込接)があります。排水の樋も残っています。
Dscn7566
よく見ると石垣の表面には刻印がたくさん見えます。この辺りの石垣のほぼ半分に刻印がありそれがこの五倍くらい続いています。
Dscn7610
本丸の戌亥櫓石垣です。粗加工石積みですが、間に詰めた石が長い年月の間に抜け落ちてしまっています。
Dscn7601
本丸口にある鶴丸倉庫付近の二重になった石垣です。奥にかすかに陸軍が作った煉瓦のトンネルが見えています。ここも歴史を感じる石垣です。
Dscn7618
東の丸北面(丑寅櫓)石垣は、金沢城の中でも最も古い石垣と言われるもので、自然石積み(野面積み)で造られた石垣です。
Dscn7652
最後に、翌朝の散歩で出掛けた外側の石垣です。本丸の辰巳櫓付近の石垣で、金沢城で最も高い石垣と言われています。ただし、明治期に積み直されているので当時の姿とは違っています。

群馬西毛地区

今日は西毛(群馬県の高崎を中心とした西部)に行ってみました。一週間ぶりですが、やはり花の進みが早いです。まずはスミレ以外から。
P4060251
白いカラスノエンドウが今年も元気に咲いていました。ここでしか見ていないけど毎年咲いてくれているので、ここに来る一つの楽しみでもあります。
P4060235
もうクサイチゴが花盛りです。
P4060223
ジュウニヒトエも花盛りです。でも、どちらかというともう花盛りを過ぎ伸びすぎているのが多くなってました。
P4060231
背景とか気にしながら、クサノオウも写真の練習のつもりで…。
P4060232
ついでにシロヤブケマン(ムラサキケマンの白花)も。
P4060236
ここで咲いているミツバツツジはもう終わりそうです。

続いてはスミレ特集。

P4060222
コスミレは終わりタチツボスミレも根生花がひと区切り、ノジスミレは今が盛りです。でも、日当たりの良い所ではそろそろ終わりに近くなってます。
P4060253
ちょっと標高が高いとアカネスミレが残ってます。この株は花がアカネっぽいけど、よく見ると葉に毛がないので正確にはオカスミレです。
P4060247
桜の花の中に埋もれているヒナスミレ。桜の花びらとほぼ同じ色をしているので遠目には気がつきません。
P4060239
えーっ、もう咲いてる!。いつもなら4/15~20あたりなのに…。まあ、そんな気がしたので登ってきましたが、今年も二株ミドリミツモリがありました。...

P4060243
ミドリミツモリの両親、左のフモトスミレと右のマキノスミレです。マキノは見頃でフモトは咲き始めでした。

そして、勉強のつもりで毎年ここで見比べながら調べてます。
P4060225
今年はニオイタチツボスミレがたくさん咲いてました。
P4060226
ぽつぽつとマルバタチツボスミレが混ざってます。いつもはタチツボスミレの中に混ざってますが、今年は一気にニオイタチツボスミレも咲いたようです。次の3枚で見比べてみました。
P4060228
タチツボスミレの花。
P4060229
マルバタチツボスミレの花。...
P4060230
ニオイタチツボスミレの花。

花の色が中間色でニオイより淡めで中央の白とのコントラストが少し弱く感じる。花の形も縦長から少しずつ丸くなっているような感じに見える。葉の感じはニオイタチツボスミレに近いかなぁ。

桐生市北部

花の開花が早すぎる。今日は桐生市の上の方まで行ってみた。
Dscn7356
標高750mの小中大滝付近、カタクリが咲き始めなのに、アカヤシオが良い感じに咲いている。地面の植物よりも木の方が早い。
Dscn7354
地面ではやっとハナネコノメが咲き終わったくらいなのに。
Dscn7352
イワネコノメは咲きはじめ。
Dscn7353
ハルトラノオだってまだ芽を出したばっかり。...
P4050200
少し下りるとイヌブナも咲き出してる。
P4050203
もっと下ではシュンランが終わりかけ。
P4050205
そして、アミガサタケは食べ頃。

スミレのまとめ載せ。標高100~700mくらい。
P4050211
アオイスミレも一週間以上早い。もう終わりそうになってる。
P4050207
シロバナツクシコスミレはほぼ満開。でも、なんか最初に見つけたときより数が少しずつ減ってる気がする。
P4050216
まだ早いと思ってたヒカゲスミレも咲き出してる。
P4050210
ヒナスミレはそろそろ終わるんじゃないかな。...
P4050215
ヒトツバエゾスミレは咲き出したくらい。標高を上げないともう良い花は見られないかも。
P4050196
ほぼナルカミスミレかなぁ。
P4050192
なんかこぢんまりとしたタチツボスミレ。タチツボスミレは変異が多いからなぁ。
P4050194
もう一つ、タチツボスミレの先祖返り、ミドリタチツボスミレ。この中の約半分は一ヶ所の斜面で撮影。ここの斜面は変なスミレばっかりあった。

前橋の北部

車の外気温計が29℃…夏か!。思わずエアコンを使用。雨も降らないから花粉がすごい…。
近くのお寺で外来種スミレのまとめ。

Dscn7347
標高300mだと思ったけど、もう桜は散り始めてます。
P4040185

ビオラ、ソロリア(アメリカスミレサイシン)類がぞろぞろ植えてある。代表はパピリオナケアで、色んな所に進出して一瞬タチツボスミレに見えたりする。
P4040182
二色咲きのプリケアナは、見るからに園芸っぽい。
P4040184
白花のスノープリンセスは、綺麗なので良く庭先に植えてある(うちにもあった)。
Dscn7346
うちの庭に放牧したフイリゲンジスミレは、細々と生きてます。あまり外に逃げないので良いかなと思って…。

そして、そろそろ桜も散り始めの嶺公園です。
P4040187
アカネスミレが良い感じに咲きそろってきました。
P4040191
林の中のコスミレも咲きそろってますが、そろそろ終わりに近づいてます。
P4040188
マルバスミレはやっと咲き始めです。
P4040190
スミレもまだ咲き始めです。

群馬県北部

今日は花の様子を見にまだ雪が残る谷川岳付近へ。
Dscn7335

谷川岳はまだ雪国です。
Dscn7336

本来の雪型は馬なんですが、今回はウサギが見えます。
Dscn7341

まだまだ雪景色です。とは言ってもいつもよりはずっと少ない感じです。

Dscn7339
この辺りはユビソヤナギでしょうか。夏に歩いたときはそんな感じでしたが、今はまだ雪の中でなかなか行くことは出来ません。
P3310172
盛んに咲いているのはアオイスミレです。
P3310174
キクザキイチゲはまだまだ咲き始めです。
P3310179
少し下るとエイザンスミレも見つかります。
P3310175
久しぶりに見つけたキバナノアマナです。

高崎南部

今日は高崎市の南側をうろうろしました。
P3300170
まずは小串のカタクリです。東毛よりもこっちの方が花が遅いのでちょっと遅めながらもまだまだ見頃です。今年は白いのは見つかりません。
P3300162
庚申山も咲きはじめてます。コスミレは陽だまりでたくさん咲いてます。ノジスミレは失敗しました。
P3300163
タチツボスミレも暖かいところで咲きはじめています。ただ、咲いているのは日当たりの良い林の縁だけで、雑木林の中はまだまだなので、見頃は今からですね。
P3300167
牛伏はまだいまいちです。下の方ではタチツボスミレが咲いていましたが、上の方はまだ桜も3分咲き程度かな。それでもヒナスミレがやっと咲きはじめていました。


桐生自然観察の森

この辺りもそろそろ桜が満開に近い。でも、何故か今年はシダレザクラが目立たない。どうも、ソメイヨシノの方が先に満開を向かえたらしい。昨日ここに到着したらしいサシバの「ピークイッ」と言う鳴き声がずっと聞こえている。しばらく待っていると林から飛び出してくる。水場では、蟇合戦の真っ最中。

P3290155
駐車場では、道路脇でノジスミレが見頃を迎えている。田んぼの畦はまだ春の花が咲いていないし、アリアケスミレもまだほとんど咲いていない。
P3290154
オカスミレはやっと早い株が咲きだしたくらい。あと一週間もすると花畑になるかなぁ。
P3290157
シハイスミレはやっと数株花をつけたくらい。タチツボスミレやアカネスミレもやっと花が開きかけている。アオイスミレやコスミレはほとんど終わってしまっていた。
P3290158
まだ3月なのに、もうカッコソウが咲きはじめている。ここは保護のため網の中で大切に育てられている。野生株では無くて、成長点培養で育てたバイオカッコソウではあるのだけれど…。
Dscn7333_2

別の場所では、コスミレの白花のシロバナツクシコスミレが早々と咲きはじめていた。これもあっという間に咲き終わってしまうので、見頃に合わせるのが難しい。

笠懸カタクリの里

P3290147
カタクリはもうちょっと遅かった。終わったのや疲れているのがほとんどで、最後の残り花だけみたい。やっぱり、今年は群馬の春が太田からやって来たせいか太田に近いここは花がさらに早いらしい。

P3290151
アズマイチゲはさらに寂しくなってる。ただでも花付きが悪いのに実になっているのが多い。
P3290144
タンポポは咲きはじめ。
P3290145
白花もあり、ここのタンポポはほぼ日本人らしい。
P3290148
アマナはちょうど見頃。全部か花期が合うのは難しいからなぁ。

嶺公園

P3280132

ミズバショウ(植栽)はもうちょっと見頃を過ぎています。それでもたくさんの人が見に来ていました。リュウキンカ(エンコウソウ)はまだほとんど花を咲かせていません。

P3280134

カタクリ(植栽)は今が見頃です。他にも色々植えてあったのですが、ほぼ盗掘にあったため、今ではカタクリくらいしか残っていません。

P3280136_3
アズマイチゲも少しあります。これは植えたと言うよりもカタクリと一緒にくっついてきたのでは無いかと思っています。
P3280140
公園内は桜が咲きはじめていますが、スミレ類にはちょっと早いです。ここでも道路脇のアスファルトの隙間で咲いています。アスファルトが似合うのはやはりヒメスミレです。これも最近になってどんどん広がっているスミレです。

P3280138
コスミレも今はまだアスファルトの隙間です。タチツボスミレも同じですが、やっと雑木林の縁などで咲きはじめそうな感じです。

赤城千本桜

ちょっと気になって赤城千本桜に行ってみました。まだ駐車場も無料だし、人もいません。何を間違ったか、台湾あたりの人らしき観光バスが一台止まってました。
Dscn7321

まだほとんど咲いてないですね。
Dscn7320_2
よく見ると咲いている枝もあります。ここが三月中に咲くのは初めてでは無いかと思います。普段は4月中旬のイメージです。ただし、満開の頃は大渋滞(ほぼ車が動かない)になるので一番良い頃は逆に避けて通ります。

ぐんまフラワーパーク(今年から、「カネコ種苗ぐんまフラワーパーク」になります)の駐車場を覗いてみます。
Dscn7316
アリアケスミレはこんなところまでやって来ています。年々生息域を広げ、今ではほぼ県内の平野部では普通に見られるようになってきました。
Dscn7317
ノジスミレはこの辺りの定番です。
Dscn7319

コスミレもたくさんありますが、まだ咲き始めでちょっと分かりにくい感じです。
Dscn7318
スミレの中では少し遅く咲くツボスミレまで咲きはじめています。日当たりの良いアスファルトの隙間はスミレにとっては天国です。

Dscn7327
ついでに、ニホンミツバチの巣も見つけました。近づかないようにしてあったので、やはり退治されてしまうのでしょうか…。出来れば養蜂家に引き取ってもらえると良いのですが。

前橋公園の桜

たった二日ですが、あっという間に咲きそろってきています。

Dscn7307
群馬県の形をした池もありますが、広瀬川から別れた発電用の水路沿いが好きです。県庁をバックに入れられますし。

Dscn7310
この公園内はヒメスミレが目立ちます。ノジスミレも少しあります。

P3270131
ちょっと気になっている色の薄いスミレです。ヒメスミレにしては葉が丸いのですが、花はヒメスミレだと思います。ちょっと経過観察します。

北橘、左久発電所…ソメイヨシノ開花

渋川市(旧北橘)の左久発電所の桜も開花しました。

Dscn7306
ここは真壁貯水池から左久発電所までの導水管に沿って桜が植えられています。水道タンクもありなかなか良い感じのながめです。


桜と供にスミレも咲いていきます。

P3270127

今はタチツボスミレとノジスミレとアカネスミレが咲き出したところです。

P3270128

前橋市…ソメイヨシノ開花宣言

前橋市の桜が開花しました。

P3250121

昨日あたりからちらほら咲きはじめていましたが、正式な開花宣言は今日でした。桜の開花は早くなる傾向がありますが、ここまで早いのは初めてです。群馬県では2日ほど前の太田市が最初でした。例年は館林市からが多いのですが・・・。

以前は、入学式(4月8日)頃に満開が多かったのですが、数年前の修了式(3月27日)での開花が一番早かった気がしていました。今回はそれを抜きました。ここまで早いと入学式は葉桜です。


最近、FBがメインになりこっちが疎かになっていましたが、今年は少しだけ頑張ります。

山陰へ②

今日は2日目です。天気は微妙ですが雨はどうにか避けられそうです。Dscn0475
移動途中で寄るお菓子御殿はおまけみたいなもの。まだお腹も減っていないのですが、朝からつまみ食いです。
Dscn0477
今回のもう一つの目的は足立美術館です。もう少し山間にあるのだと思っていたのですが、周りは普通に田んぼなのにはビックリ。中は広くて2時間くらいじゃ足りませんでした。

Dscn0520
ここの見所は季節ごとの日本画の展示(撮影禁止)と、なんと言っても日本一の庭園です。曇り空ですが後ろの山を借景にしています。Dscn0523
あまり人がいないのでパノラマにも挑戦してみました。Dscn0503
窓枠から一枚の絵のように庭園を切り取って魅せています。タイミングが良かったらしくガラガラで、「昼間なのに観光バスが一台しか居ないなんて」とガイドさんがビックリしていました。おかげでゆっくり見ることができました。Dscn0531
昼食は、オプションで頼んでおいた出雲蕎麦御膳です。
Dscn0585
もう一ヶ所は、こっちも久しぶりの出雲大社です。正式参拝だと、旧大社駅から三つの鳥居(石・木・鉄)をくくりたどり着くのですが、脇からの参拝なので本殿のある四の鳥居(銅)からの参拝です。鳥居の左側が拝殿、正面奥の屋根が本殿、後ろの山が八雲山です。

Dscn0591
現在の拝殿は昭和34年に総檜造りで再建されたものです。ここも遷宮の後ですが、建て替えはしません。一般の神社での作法は「二礼二拍手一礼」ですが出雲大社は「二礼四拍手一礼」です。
Dscn0593

廻廊に囲まれた中に本殿があります。参拝するのは八足門までで中には入れません。八足門の前には、48mあったと言われる古代の本殿の御柱の位置が記されていました。
Dscn0604
横から見た本殿です。大社造りと呼ばれる日本最古の神社建築様式です。この間60年に一度の御遷宮(屋根の葺替)が行われたばかりなので綺麗です。御利益を期待して(^_^;)お守りも買いました。効果があると良いんだけど・・・。Dscn0596_2
ここもゆっくりだったので、神故館(宝物殿)も見てきました。ここには看板にある古代の御本殿の「発掘された巨大な御本殿の御柱」が展示されているので本物を見ることができます。

Dscn0647
帰りは「出雲縁結び空港」です。

«山陰へ① 県外温泉45「三朝温泉」

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アメフらんど NEO

無料ブログはココログ