最近のトラックバック

ホームページ

« 群馬日帰り温泉紹介その8、京ヶ島温泉「湯都里」 | トップページ | 群馬日帰り温泉紹介その10、小住温泉「湯郷 小住温泉」 »

群馬日帰り温泉紹介その9、法師温泉「長寿館」

日帰り温泉施設ではなく、温泉旅館の日帰り入浴です。ここは説明の必要がないほど有名です。秘湯ブームの火付け役ともいえる、一軒宿です。旧国鉄のポスターにも使われたり、日本秘湯を守る会の提灯も下がっています。法師沢のすぐ脇にあり、山の中の一軒宿で雰囲気は最高です。建物も木造で時代を感じさせる古い造りです。

新潟県境に出かけたときは、時々寄っていますが、何せ、外湯は1時半までなので、山に登ったりしているとその時間に降りてくることは少ないので、寄る機会はなかなかありません。

Dscf0018

温泉はカルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉ですが、ほとんど無味無臭の透明な単純泉です。四角く4つに区切られた浴槽の下には玉砂利が敷かれ、その隙間からこんこんとお湯がわき出ています。お湯の温度が低めなので、いつ待てでも入っていられます。さすがに紅葉シーズンなので今までで一番混んでいました。有名な大浴場は混浴ですが、女性専用風呂もあります。以前は、脱衣所もなかったのですが、今は大浴場にも脱衣所が男女別に作ってあります。でも、中にはいると混浴です。やはり大浴場に入りたくて来ている人は多く、毎回大浴場にも女性が入浴しています。

今回変わった所は、露天風呂出来たみたいでしたが、宿泊客のみ利用できるようです。ただし、こちらは一部循環式です。言うまでもなく、大浴場と女性専用風呂は100%源泉かけ流しで加温も加水もしていません。近すぎて泊まる距離ではないのですが、一度くらいは泊まってみたいです。

« 群馬日帰り温泉紹介その8、京ヶ島温泉「湯都里」 | トップページ | 群馬日帰り温泉紹介その10、小住温泉「湯郷 小住温泉」 »

温泉」カテゴリの記事

コメント

やまそだちさんは、ここに泊まったことあるんですね。近いので、泊まりに行く距離ではないのですが、泊まってみたいです。
ここのあたりからフランのいる吾妻にかけてはヒルが一杯いることで有名なんで、その季節は出かけません。最近、シカと一緒に広がっているらしいので心配です。

ここは2度ほど泊まった事があります。
外見古そうですが、トイレがきれいだったのと、静かなのが印象に残っています。
宿の脇の薮に入ったらヒルに血を吸われたのも忘れません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 群馬日帰り温泉紹介その9、法師温泉「長寿館」:

« 群馬日帰り温泉紹介その8、京ヶ島温泉「湯都里」 | トップページ | 群馬日帰り温泉紹介その10、小住温泉「湯郷 小住温泉」 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アメフらんど NEO

無料ブログはココログ