最近のトラックバック

ホームページ

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

群馬日帰り温泉紹介その26、猿ヶ京温泉「いこいの湯」

三国山の帰りに猿ヶ京温泉に寄ってきました。大きなホテル形の旅館は次々と無くなり、ちょっと最近は寂しい感じです。高速のおかげで都内からの日帰りエリアに入ってしまい、高速網からは少し離れていることや、一歩足を伸ばせば法師温泉などもあり、高級旅館の流れにも秘湯ブームにも乗れず、近くに大きなスキー場もなく、ちょっと寂れた感があります。ロケーションや温泉自体は良いのに!。最近は、つぶれた旅館の跡地に出来た「まんてん星の湯」と言う日帰り温泉がそれなりに人気があり、近くの「テルメ国境」と言うドライブインにあった日帰り温泉が営業をやめてしまった(入ってない!)ようです。

今回は、猿ヶ京の日帰り湯の中でも最も目立たないところに寄ってきました。旧三国街道沿いにあり、民宿が建ち並ぶ宿場町風の通りのちょっと奥まったところにあります。Dscf0751

おまけに、看板を見落とせば気付かないほど(実際に見落としてました)小さな建物で、遠目には日帰り温泉とは思えません。中に入ると受付に一人いるだけです。町の共同湯として造られ、管理を民宿組合が行っているそうです。料金も300円です。造りも、家具調こたつが一つ置いてあるだけの休憩所と男女別の内湯だけです。露天風呂もありません。石鹸もシャンプーも無い(持ち歩いてるから気にならない)最近は珍しいですが、共同湯なら仕方がないところです。Dscf0750

温泉は、村有一号となっていて、特別な名前もついていません。泉質はナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉で、成分もしっかり入ってます。無色透明の温泉で、共同湯ですから当然、源泉掛け流しです。時間も中途半端だったせいか、前に二人、後に二人入っただけで静かでした。おかげで内風呂の写真も撮れました。掛け流しで入っている人数も少ないのでお湯は綺麗です。ちょっと穴場的な良い温泉です。

群馬日帰り温泉紹介その25、水上町営温泉センター「三峰の湯」

お気に入りの日帰り温泉です。前は月夜野町温泉センターでしたが、今は合併のため水上町の温泉センターになってしまいました。

Dscf0595

見た感じはただの掘っ立て小屋です。温泉のタンクがあるのが唯一温泉らしいところ。中も至ってシンプル。受付と休憩所と、更衣室と内風呂・露天風呂それだけです。洗い場は3人分しか無く、浴槽も一部は近くの石をコンクリで固めただけのようなものです。温泉は無色透明のアルカリ性単純泉で、ほとんど味はしません。入ると少しぬるぬるした感じはします。文字通り100%源泉掛け流しで、手は加えていません。その分ちょっと温度は高めで、露天風呂がちょうど良かったです。今回は近所の人が入っていたくらいでしたが、遠くからも入りに来る人がいるらしいです。前は、すれ違いの出来ないような道を登っていったのですが、近くに比較的綺麗な道が出来たので行きやすくなりました。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アメフらんど NEO

無料ブログはココログ