最近のトラックバック

ホームページ

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

県外温泉⑧、窪平温泉「花かげの湯」

今回寄ったのは、富士山からの帰り、山梨県内の牧丘町にある日帰り温泉です。前にも寄ったことがあり、変わり湯(ワイン風呂)なんかをやっていて、面白かったのでもう一度寄ってみました。 Dscf1759

アルカリ性単純泉で内風呂と露天風呂、サウナ&水風呂という造りです。変わり湯はやめたようです。内風呂はジェット水流もあります。露天風呂は内風呂の窓が開け放した状態で面白みはありません。打たせ湯も今は止まってます。Dscf1760

お湯の量は多いですが、加水、循環、一部加温、消毒と条件はばっちり(-_-;)。

パンフレットには7種類のお風呂を楽しめると書いてありましたが、規模を縮小したようです。確かに客もあまり入っていません。おかげで浴室の写真も撮れました。湧出温度は高く、ここだけの温泉使用っぽいので源泉にこだわった温泉にすればそれなりに人も来ると思いますが、客減少と採算悪化と規模縮小の悪循環にはまっているようです。

群馬日帰り温泉紹介その31、幡谷温泉センター「ささの湯」

尾瀬の帰りに、今回は「ささの湯」に寄ってきました。ここは宿泊も可能です。外見は普通の民宿で、日帰り温泉には見えません。

Dscf1639

お風呂は、タイル張りの内風呂と岩風呂風の露天風呂です。弱アルカリ性の単純泉ですが、ナトリウムや炭酸水素塩などの成分が相当入っていますので今名前を付けたら違ったものになるかも知れません。少しぬるぬるする感じの温泉です。味もほとんど無い無色透明のお湯です。ここだけで使っているのと、湧出温度が50℃くらいあるので、そのまま掛け流しになっています。ただ、入ったら少しぬるい感じでいつまでも入っていられる温度でした。そのためか露天風呂は少しコケが生えていたので、内風呂を中心に入ってきました。もう少し空いているかと思ったのですが、予想以上に混んでいました。

今日の宿&県外温泉⑦、足摺温泉

今日の宿は足摺国際ホテル。

今日の宿

今回の宿のお風呂は足摺温泉でした。特徴は、弱アルカリ冷鉱泉ですが、放射線を含んでいることです。鉱泉なんで、加温、循環、塩素消毒は致し方なしだとは思いますが、形だけでも温泉ぼく給水口を木の樋や石で造るとかしないかなぁ。タイル張りで水の循環も下からで、溢れもしないんだと風情もなにもない。ただし、露天風呂からは海が見えて絶景でした。

県外温泉⑥、道後温泉本館「神の湯」

朝湯で道後温泉本館「神の湯」に行ってきました。温泉紹介道後温泉本館神の湯

昨日はあまりにも混んでいる様子だったので、朝一で行ってきました。一階は更衣所と左右二つの浴槽だけでした。二階・三階は追加料金がつきますが、坊ちゃんだんごやタオルなどがつきます。
お風呂は給水口が二つあり、お湯がこんこんと湧いています。無粋な行政指導で、塩素消毒だけはしているそうです。この湧出量で掛け流しなら、レジオネラ菌の心配はほとんど無いはずなのですが、何故なんでしようか。

泉質はアルカリ性単純泉で無色透明です。朝一だったのですが、浴室にはもう20人以上は入っていましたが、のんびり浸かれました。混んでいるときは足を付けるのも大変とか。空いててよかった。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アメフらんど NEO

無料ブログはココログ