最近のトラックバック

ホームページ

« 群馬日帰り温泉紹介その36、四万温泉「清流の湯」 | トップページ | 群馬日帰り温泉紹介その38、渋川温泉きらめきの湯「スカイテルメ渋川」 »

群馬日帰り温泉紹介その37、よしおか温泉「リバートピア吉岡」

久しぶりの温泉ブログの更新です。「かかあ天下と空っ風」や「雷と空風、義理人情」など群馬名物の空っ風がビュービュー吹いています。時々、風花も舞う天気で、山の温泉には行ける雰囲気ではないので、近場の日帰り温泉に行ってきました。本格的な冬になると近場がいいです。

今日行ったのは隣町の日帰り温泉です。利根川を挟んだ向こう側にありますが、橋が出来て行きやすくなりました。「リバートピア吉岡」といい、大きな風力発電用の風車が目立ちます。そのほか太陽電池発電などでも発電をしていて、それらの発電で少しは施設の電気をまかなっています。

施設の中には食堂やリラクゼーション施設もあり、床暖房になっています。以前は温水プールもあり、どっちも利用できたのですが、今は温水プールは閉鎖してしまったようです。

Dscf2023

浴室は、タイル張りの内風呂、岩風呂風の露天風呂(屋根なしガラス張りの半露天式)と岩風呂風の小露天風呂(垣根のみ)にサウナがついています。露天風呂には打たせ湯(2人用)と寝湯(3人用)があり、お気に入りは寝湯です。枕用の円柱状の石と寝たときに足と手のあたりにこぶし大の石が埋めてあるためちょうどいい感じになります。

温泉はうす茶色の「船尾の湯」で、成分は、ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉です。少し鉄くさいというか泥くさいような匂いがして、味はちょっと苦みがあります(飲めませんと書いてあります)。温度調節のため地下水を少し混ぜて、一部湧かしながら循環させています。消毒はしていますが、温泉の匂いのためにあまり塩素臭は感じません。源泉100%掛け流しではないとしても、天然温泉を味わってもらおうという気持ちは表れていて、良心的な感じです。Dscf2024

今道路を造っているので見えにくくなっていますが、温泉からは赤城山が綺麗に見えます。今日の赤城山はこんな感じでした。

安くて、近くて、それなりにいい日帰り温泉です。

« 群馬日帰り温泉紹介その36、四万温泉「清流の湯」 | トップページ | 群馬日帰り温泉紹介その38、渋川温泉きらめきの湯「スカイテルメ渋川」 »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 群馬日帰り温泉紹介その37、よしおか温泉「リバートピア吉岡」:

« 群馬日帰り温泉紹介その36、四万温泉「清流の湯」 | トップページ | 群馬日帰り温泉紹介その38、渋川温泉きらめきの湯「スカイテルメ渋川」 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アメフらんど NEO

無料ブログはココログ