最近のトラックバック

ホームページ

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

群馬日帰り温泉紹介その48、六合赤岩温泉「長英の隠れ湯」

古い町並みを残す集落の中にある、少し目立たない日帰り温泉です。名前からしてちょっと期待を持たせてくれます。外観はきれいな建物でした。集落の集会施設に併設されているためか駐車場は割合広くとってあります。中は、休憩所と温泉というシンプルな造りです。バリアフリーになっていて、室内は段差がありません。

Dscf2672

浴室は内風呂しかありませんが、大きな窓があり、外の庭が見渡せるようになっているため開放感があります。特別な設備もないシンプルなタイル張りの内風呂です。 Dscf2669

泉質はアルカリ性単純泉で、無色透明ですが、浴室の関係なのか少し黄緑色っぽく見えます。 味はなく、匂いは微かに石膏っぽい感じがしますが、成分表を見るとそれなりにたくさんの温泉成分が含まれています。入った感じはぬるぬるして、確かにアルカリ性の温泉です。加水はしていませんが、加温・循環・消毒はしています。小さな温泉だし、湧出温度もそれなりに高いので、掛け流しにも出来そうなのですが、ちょっと残念です。ただ、動力でくみ上げているので、温泉を無駄には出来ないということなんでしょう。

値段も安いし、すいていたし、温泉の質は良かったので、また来てもいいかなという感じでした。

群馬日帰り温泉紹介その47、笠懸温泉「かたくりの湯」

今回は、岩宿遺跡の隣、のかたくり自生地の横にある笠懸町温泉施設の「かたくりの湯」です。この町の観光施設はすべてここにあるという感じです。

ここの温泉施設は、落ち着いた雰囲気の和風の造りです。休憩所の大広間と温泉だけのシンプルな造りです。Dscf2288

ここは、露天風呂はなく、内風呂だけです。 内風呂は、ジャグジー&ジェット水流のタイル張りの風呂と、檜風呂があります。最近は、ジャグジーが県の条例で厳しくなり、動かしているところは少なくなりました。言わずと知れたレジオネラ菌対策です。これが動いているということは、濾過循環、消毒をしっかりやっていると言うことで、個人的にはなくても別に良いと思ってます。加水だけはしていないようでした。

泉質は、ナトリウム-硫酸塩泉で、無色透明です。特に味もニオイもありません。まあ、塩素臭は強いので匂いは分からないと言った方が正しいかも知れません。弱アルカリ性ですが、特にぬるぬるした感じもしないので、それほど強くないようです。それなりに混んでいました。

群馬県は温泉は多いのですが、東部にはなかなかいい温泉が見つかりません。

群馬日帰り温泉紹介その46、月夜野温泉「さなざわの森」

小規模のクラインガルテン施設の真沢の森と言う宿泊施設に併設されている温泉です。年間契約で畑も借りられる見たいです。看板には「美人の湯」と書いてあります。見たように宿泊施設も兼ねているので大きな施設です。Dscf2414

温泉の方はと言うと板張りの施設で、なかなか雰囲気は良いです。木枠で出来た内風呂と外には露天風呂があります。ここは、加温、加水、濾過循環、消毒と四拍子そろった温泉です。内風呂は少し温度が高めでした。露天風呂は温度が低くて長く入るのには良いですが、温まる感じではありませんでした。泉質はアルカリ性低張性冷鉱泉で、無味無臭、無色透明の温泉です。内風呂は少し塩素臭がきつかったのですが、露天風呂はそれほどではありませんでした。入ると少しぬるっとした感じがあり、美人の湯といわれるのは分かる気がします。 Dscf2416

露天風呂からは、谷間を通して利根川の向こうの山々が望め良い景色です。Dscf2417

これで、温泉が源泉に近ければ申し分ないのですが・・・。

県外温泉⑩、柿其温泉「さきやまの湯」

ここまで来たら、やっぱり温泉くらい入っていかないと・・・。

と言うわけで、柿其温泉なるものを見つけて入ってきました。ここは「いち川」という民宿のような宿の温泉を日帰り温泉として開放しているものです。なので造りは民家風。正面の入り口から左側が温泉になっています。食事も出来ます。

Dscf2453

浴室は、木で出来た小さな部屋で、床も木です。排水は、床に開いている円い硬貨大の穴からされています。 二人は入れはもう一杯です。見たように窓に面しているため露天風呂風の気分が味わえます。Dscf2455

温泉は、ラドン温泉のようです。単純放射性冷鉱泉と書いてありました。と言うことは湧かしています。でも、循環させているわけではないし、消毒もしていません。匂いも味もない無色透明な温泉です。信州秘湯会というのに入っているそうです。確かに秘湯だし、雰囲気もあるし、混むこともないし、いいかも。ただし、何人か人が入るとお湯が汚れてしまうと言うのが欠点かな。加温だけというのは源泉に近いということで。

Dscf2456

窓からは、渓谷は見えませんが、新緑の山が見えました。なかなか景色も良いです。ただし、手前はただの庭ですから湯船に使って眺めるのがいいようです。

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アメフらんど NEO

無料ブログはココログ