最近のトラックバック

ホームページ

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

県外温泉⑪、赤石温泉

今回紹介するのは、櫛形山の帰りに泊まった山梨県の赤石温泉です。櫛形山の麓にある一軒宿の温泉です。日本秘湯を守る会に加盟している温泉です。古い民家風の趣のある宿でした。ただし、設備等はちょっと古くて、網戸ははずれるし、洗面所は水浸しだし、一軒宿の秘湯でなければ、許されないでしょう。食事は、夕食には、鯉の洗い、鯉こく馬刺し、イワナの塩焼き、山菜の天ぷらなど、ちょっと秘湯らしい食事でした。朝食は山小屋並みでしたが・・・。

Dscf3027

内風呂は、ちょっと薄暗い感じですが、手作り風の岩風呂になっていて、壁際からはお湯が沸き出し、湯船の真ん中の岩からは噴水のように水が噴き出しています。男女別の入り口になっていますが、浴室は一つで、女性専用時間が設けられています。別に女性用や家族用の小さな浴室もあります。

Dscf3029

露天風呂は、宿から道を挟んで反対側にあります。手前に男女の更衣室があり、そこを出るとここでも混浴です。下にプールがあったので夏はプールの更衣室としても使っているようです。釜風呂、でっかい唐傘、岩風呂、檜風呂遠くに向かって並んでいます。左側が洗い場になっていて、その手前にバルコニーがあります。ただし、今回は客の少ない時期のためか、釜風呂は使われてなくオタマシャクシが泳いでいるし、岩風呂になっているところも水が張ってあるだけでした。

Dscf3032

実際に入ったのは、一番奥の檜風呂です。赤い木枠で、木の切り株からちょろちょろとお湯が注いでいます。その先にはバルコニーがあって涼むこともできます。その奥は下が渓流になっていて、沢の音が聞こえていました。ついでにカジカガエルの声も聞こえました。反対側は山が見えるので、自然の中に囲まれた感じです。

Dscf3033

泉質は、酸性鉄-硫黄塩泉です。以前の分類では鉱泉になります。そそいでいるのは透明ですが、湯船の中は赤茶色のお湯です。これが赤石温泉の由来らしいです。味は鉄分を感じる少し渋い感じです。匂いも少し鉄っぽい匂いと温泉特有の匂いが混ざった感じです。入るとちょっとお湯がべたべたした感じがしますが、出た後はとてもポカポカします。鉱泉なので、当然湧かしています。成分が濃いため配管がすぐに詰まってしまうらしく、それを防ぐために加水しているそうです。湧出利用も少ないためか、循環して消毒もしています。 そこはちょっと残念なところです。加水・加温は状況的に仕方ないから、せめて、消毒無しの掛け流しにしてほしかったなぁ。

でも、雰囲気もあるし、成分的には温泉も良かったし、秘湯らしい温泉でした。

群馬日帰り温泉紹介その49、磯部温泉「恵みの湯」

安中市の碓氷川ほとりにある磯部温泉の日帰り温泉に行ってきました。磯部温泉は群馬県の中で胃腸に良いアルカリ性の温泉として有名です。昔の区分では鉱泉になっていました。この日帰り温泉は新しくできた日帰り温泉で、バリアフリーになっているだけでなく福祉風呂などがあり、福祉に力を入れています。そして、予約制&有料ですが、砂塩風呂(メキシコ産天然塩の砂風呂)があります。

施設も新しく、売店、食堂、ギャラリーなど施設も充実し、二階にはスカイラウンジまであります。 Dscf2976

浴室は、大浴場には掛け湯、内風呂、サウナ、水風呂があり、露天風呂があります。内風呂は、二つに仕切られ、片側は普通のタイル張りの風呂で、もう片方はジャグジー&ジェットになっています。どちらもお湯は温泉です。露天風呂は、岩からお湯が沸き出しタイル張りのお風呂にそそいでいます。片隅には高さの違う打たせ湯があります。

泉質は含銅・鉄-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩強塩泉で、微かに茶色っぽく見えます。味は少しコクのあるしょっぱさです。成分的には食塩と重曹が主成分です。アルカリ性のため体がぬるぬるします。乾くとべたつき感があるのは温泉成分が濃いためでしょう。町中には飲泉所もあったりするのにここには飲泉施設がないのはちょっと残念です。まあ、成分調整のため加水し、温度調整のため加温し、循環・消毒しているので飲泉は無理なのでしょう。消毒もしているため塩素臭が少しあります。

温度が足らないため、以前の区分では鉱泉になっていたので、加温が必要なので、循環・消毒は致し方ないところですが、温泉成分が濃く、なかなかいい温泉なので、ここはお勧めの温泉の一つです。

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アメフらんど NEO

無料ブログはココログ