最近のトラックバック

ホームページ

« 群馬日帰り温泉紹介その62、水上温泉「ふれあい交流館」 | トップページ | 群馬日帰り温泉紹介その64、吹割温泉センター「竜宮の湯」 »

群馬日帰り温泉紹介その63、つつじヶ丘花牧場「つつじの湯」

悔し紛れの群馬温泉紹介です。今回寄ったのは、吾妻高原の「つつじの湯」です。田代湖から鹿沢方面への分かれ道にあります。花牧場と言うことなので、動物を飼っているとかではなく(グラス牛乳とかはあったから牛はいそう)レジャー施設の様でした。見たところ牧場にある食堂のような感じで綺麗な建物です。その、食堂を兼ねているのか温泉施設です。しっかりと食堂もあり、簡単な料理ではなくてしっかりした料理を出していました。

Dscf3796

入って右が食堂兼休憩所、左が温泉施設でした。割に混んでいて外観以外は写真は撮れませんでした。浴室は広くて、小さなプールほどの古めの檜風呂があり、源泉が勢いよく注がれています。人が入ると縁から溢れて良い感じでした。たた真ん中あたりからも給水はしていました。外には石造りの広い露天風呂があります。これは完全に掛け流しのようでした。

横には、サウナとかけ湯と冷泉があります。冷泉はサウナ用出もありますが、水風呂ではなくてどうも源泉をそのまま入れたもののようで微かに温かい感じです。普通に入っていられるくらいで、いくらでも長い時間はいっていられます。かけ湯も熱いお湯でなくてぬるま湯ほどで、おそらく、ここは源泉そのままなのだと思います。

室内の風呂と露天風呂は加温して入浴の温度にしているようなので、循環・消毒はしかたなし(行政指導もあり)でしょう。でも、それ以外の点では源泉かけの流しで良いようです。

面白いのは、「せせらぎの湯」という低温サウナでした。せせらぎは音だけで、室内は一人一人の枠に鉱石(玉石)が敷いてあります。鉱石は暖められていてそこに木の枕があり、寝ころびサウナになっています。入り口に浴衣着用の注意書きがあり、別料金かと思ったのですが、誰でも利用できるようです。

その他、冷やした湧水を用意してあったり、希望者は有料で様々なマッサージを受けられたりとなかなかサービスも良いところでした。

温泉も、一応源泉掛け流しだし、しっかり源泉風呂もあるし、次に行ったときは、(せせらぎの湯)で、またのんびり、うだうだしたいと思わせるところです。

« 群馬日帰り温泉紹介その62、水上温泉「ふれあい交流館」 | トップページ | 群馬日帰り温泉紹介その64、吹割温泉センター「竜宮の湯」 »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 群馬日帰り温泉紹介その63、つつじヶ丘花牧場「つつじの湯」:

« 群馬日帰り温泉紹介その62、水上温泉「ふれあい交流館」 | トップページ | 群馬日帰り温泉紹介その64、吹割温泉センター「竜宮の湯」 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アメフらんど NEO

無料ブログはココログ