最近のトラックバック

ホームページ

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

群馬日帰り温泉紹介その68、箕郷温泉「サンエイの湯」

今回寄ったのは、高崎市に合併された箕郷町に新しくできた「サンエイの湯」です。ここは一企業のサンエイが経営している日帰り温泉です。そのためもあり設備は充実しています。宴会も出来るお食事処を始め、アカスリ・エステコーナーや岩盤浴(3種類)もあります。貸し切り個室も4部屋あり、源泉掛け流しの風呂が付いています。

Dscf3862

浴室は、内風呂と露天風呂があります。内風呂は、大浴場にジェットマッサージ・電気風呂、サウナ、水風呂などがあり、露天風呂には、寝ころび湯や壺湯(3種類)、温度を変えた浴槽が二つありました。風呂はタイル張りで縁が木になっています。岩風呂風には作ってありません。露天風呂には畳やベンチなどの休憩所がありのんびり入っていられます。

風呂には、木で出来た湯口からちょろちょろとお湯がでています。一部循環掛け流しで消毒はしているため、少し塩素臭はします。ただ、お湯を大量に流しているわけではないので源泉掛け流しに近い状態にはなっています。泉質はナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉で、薄い茶色いお湯です。匂いや味はほとんどありませんが、少しぬるぬるする感じの温泉です。

値段も手頃で、気軽に楽しめる温泉施設にはなっています。

群馬日帰り温泉紹介その67、奥平温泉「遊神館」

今回は、奥平温泉の遊神館です。ここは日帰り温泉だけです。場所は三国寺の猿ヶ京温泉の手前にある「たくみの里」の奧になります。手前の建物が食堂や休憩室、奧の三角屋根が温泉になります。ここのお勧めは「かみなり重」で、ナマズ天丼のことです。群馬でもここと板倉あたりでしか食べたことはありません。

Dscf3855

温泉ですが、綺麗な入浴施設です。内風呂は大浴場にサウナ、薬湯で、露天風呂があります。  今回の薬湯は「塩ショコラ湯」で、何だろうと思ったらフランスの海水成分を乾燥させたものと言うことでした。緑色でしょっぱくもなかったので入浴剤入りの風呂のようです。

Dscf3857

泉質はアルカリ性単純泉で、無色透明の無味無臭の温泉が勢いよくお風呂に注いでいます。でもほとんど溢れていないません。浴室に入っただけで塩素臭がしてくるのでちょっとがっかりです。さすがに加水はしていませんが、加温・循環濾過・塩素消毒ありです。温泉成分も少ないので、加水しちゃったら温泉でもなくなる気がします。まあ、ついでに寄るには良いですが、わざわざ入りに行くほどではないですね。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アメフらんど NEO

無料ブログはココログ