最近のトラックバック

ホームページ

« 北海道③、「温根湯ホテル」県外温泉㉒ | トップページ | 北海道⑤二泊目は「阿寒湖温泉」県外温泉㉓ »

北海道④知床

今日は、宿をでて世界遺産「知床」に向かいます。途中、ハッカの北見と網走の海産物屋で休憩を取りました。網走では有名な刑務所と駅舎などをバスの中から見学です。

観光スポットの一つの小さな駅を車窓から眺めながら小清水原生花園につきました。売り物のエゾシカの毛皮淀を触りながら、原生花園に行きます。Dscn0899

ここでは、ノゴマがお出迎え。オジロワシらしきのも飛んだのですが、イマイチ不確定。

Img_1323 

ハマナスがいい感じに咲いています。お盆近くに行くともう疲れ気味なんですが、まだまだ元気です。

Img_1315

エゾフウロも花盛り。7月中に来られるとやっぱりいいですね。

Img_1313

カワラナデシコも綺麗に咲いています。

Img_1316

お昼はお弁当。オシンコシンの滝は車窓から眺めるだけで、昼過ぎに知床に着きました。ちょっと風が強い。冬は流氷観光船になるオーロラ号が夏は知床遊覧船になります。元は砕氷船のため、船底が流氷仕様になっているため風や波には弱いとか。今日は出港は出来るけど、ぎりぎりらしい。(でも、なぜこのときだけ写真の設定がこうなる?)

Dscn0913

港の岸壁では、なぜか迷い出てきたキタキツネがお見送りをしています。

Img_1326

ちょっと不安を抱えながらウトロ港を出発です。

知床

鮭の孵化場を通ります。ここは秋になるとビグマがよく出てくるらしいですが、今の季節は出てきていません。天気かあまりよくないので、こんな時は獣はチャンスなんですが。

Img_1334

ウミネコとオオセグロカモメとウミウばかりなんですが、どうにかケイマフリだけは見つけ出しました。赤い足と白い模様のある顔がポイントです。ガイドさんは、「足がピンクならカモメ、黄色ならウミネコ、黒ならウミウ、赤ならケイマフリ」と説明していました。

Img_1337 

残念ながら、波が高くて途中で引き返すことになってしまいました。で、次の日も含めてこのあとはしばらく欠航になったそうです。とりあえずはラッキーか!。

その後、知床五湖のうち一湖を散策。なんか、行くたびにここの建物は立派になっていくし、歩道はしっかりしてくるし、昔の自然のままだった頃が懐かしいです。まあ、ヒグマ対策で歩けなかったこともありましたから仕方ないですが、中の遊歩道もガイド付きで歩けるようにはなっていました。5000円ですが。おまけに熊が出ると何時間も待ちぼうけになったりするそうです。

Img_1356

空中歩道の上からですが、ネムロコウホネが見えました。

Img_1351

エゾシカの親子も出てきました。今日は歩道から見える範囲でエゾシカか5頭以上いました。子鹿はやっぱりバンビと呼ばれてました。

Img_1362

アマツバメが飛び交っていたのですが、さすがに写真は厳しいです。崖の方から飛んでくる感じだったので、海岸の岩場に巣があるのではないかと思います。

Img_1367

ここではハマナスソフトを頂きました。

知床

あとは宿に向かうだけです。

« 北海道③、「温根湯ホテル」県外温泉㉒ | トップページ | 北海道⑤二泊目は「阿寒湖温泉」県外温泉㉓ »

自然観察」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道④知床:

« 北海道③、「温根湯ホテル」県外温泉㉒ | トップページ | 北海道⑤二泊目は「阿寒湖温泉」県外温泉㉓ »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アメフらんど NEO

無料ブログはココログ