最近のトラックバック

ホームページ

« 出羽三山③、県外温泉㉔「鶴岡温泉 | トップページ | ゲイジュツの秋、妻有トリエンナーレ「大地の芸術祭」 »

出羽三山④月山

不安な天気の中出発し、最終観光地の月山八合目の弥陀ヶ原に来ました。ここは標高1400mなので、今までの麓とは違い天気が変わりやすい。まあ、雲は出ていますが、霧はまいていなくてどうにか散策できそうです。

Dscn1261 

レストハウスから月山中の宮を経由してほぼ一周、湿原の中を歩く木道のコースがあります。歩き始めるとさっそく霧がまいてきました。

Dscn1277

シロバナトウウチソウが咲き始め秋の風情です。キンコウカやニッコウキスゲはほぼ終わっています。

Dscn1268

気になったのがこのアザミです。ウゴアザミらしいです。総苞片が針状になっていてオゼヌマアザミにもちょっと似ている感じです。

Dscn1280

中の宮の脇には御田画ヶ原参籠所があります。横から見ると北アルプスの山小屋のようにかなり大きな建物です。(神社の写真取り忘れた!)

Dscn1324

ここにいるのはウサギ。だからご縁年は昨年の卯年になります。

Dscn1284

どうにか霧は晴れて天気ももっています。池塘がたくさんあって「いろは48沼」と言われるそうです。ここから月山山頂までは2時間半と言っていました。天気がよければ向こうに湯殿山あたりが見えるはずなのですが。

Dscn1301

オゼコウホネがありました。ここにもあるのですね。柱頭が赤かったのでそうらしいです。

Dscn1306

月山の山頂は霧の中でした。尾瀬でも見かける古い天然記念物のしるしが立っています。

Dscn1314

そのほか、ハクサンフウロやイワショウブ、エゾシオガマはまだ見頃でしたが、イワイチョウやニッコウキスゲ、チングルマ、モウセンゴケ、ヨツバシオガマなどはもうほぼ終わり。ベニバナイチゴやアカモノなどは見事に実になっていました。バスに戻って集合時間になって雨が降り始めました。無事傘は役に立たずに済みました。

最後は帰り道のドライブインで麦きり御飯を頂きましたが、これも麦きり以外は普通。麦きりも冷や麦とどこが違うのかイマイチ分かりません。

Dscn1328

途中すごいにわか雨にも降られながら、また福島駅まで戻ってきました。

 

« 出羽三山③、県外温泉㉔「鶴岡温泉 | トップページ | ゲイジュツの秋、妻有トリエンナーレ「大地の芸術祭」 »

自然観察」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出羽三山④月山:

« 出羽三山③、県外温泉㉔「鶴岡温泉 | トップページ | ゲイジュツの秋、妻有トリエンナーレ「大地の芸術祭」 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アメフらんど NEO

無料ブログはココログ