最近のトラックバック

ホームページ

« 夏の旅行 「滋賀編」① | トップページ | 夏の旅行「青森編」① »

夏の旅行「滋賀編」②近江八幡&彦根城

朝から雨です。晴れ男のはずですが今回は外れ。旅行で雨に降られるのは久しぶりかも・・・。
Dscn3239

まずは近江八幡ですが、水郷めぐりに申し込んだので町の様子はちょっとだけしか見る時間はありませんでした。表通りは昔の風情を残してあるところはありますが、メインストリートはイマイチです。裏の水郷が雰囲気があったよかったのですが、ふらふらする時間がありません。ちなみに、ここは映画「るろうに剣心」一作目のロケ地です。京都編等が創られるらしいのですがまた使われるのでしょうか。今度は志々雄真実を藤原竜也が、四乃森蒼紫や瀬田宗次郎も登場するらしい。飛天御劔流も龍槌閃や双龍閃だけでなく、九頭竜閃や天翔龍閃(あまかけるりゅうのひらめき)あたりも映像化するんだろうけどどうするんだろう。

Dscn3242

観光の拠点となる白雲館は明治風の雰囲気のある建物です。

Dscn3255

水郷めぐりは、この近江八幡の近くに何件かありその一つでした。雨の中でしたが、逆に暑くなかったのでよかったかなと思います。橋の雰囲気は工夫してあったりしますが、急流下りではないのでのんびり出来ます。

Dscn3311

今回のメインはなんと言っても彦根城です。三重三階のこぢんまりとした感じですが、千鳥破風や唐破風で飾られた小綺麗な城です。本来の入口は右にありますが使われて無く、その奥の右に連なる付櫓と多聞櫓のその先が入り口になっていました。

Dscn3288

他の人はほとんど素通りしていましたが、天秤櫓も中を公開していました。左右に櫓が付くので天秤櫓と言われます。左右対称ではなく左右の櫓もそれぞれ向きが変えてあります。真ん中の橋の下は空堀になっています。中の柱がとても綺麗でした。釿(ちょうな)のあとがまるで模様のように見えます。

Dscn3352

天守の奥の西の丸の三重櫓まで足を伸ばしているのは雨のせいもあるのでしょうがもう一組だけでした。こっちの中の見所は土壁です。壁の筋交がよく分かるところもあり二重に塗り込んだ土壁もあり、防御のための工夫が分かります。

(詳細はHPで)

Dscn3358

ひこにゃんは博物館の中で時間設定がありその30分だけ登場します。ゆっくり見ていたので最後の挨拶にやっと間に合いました。

« 夏の旅行 「滋賀編」① | トップページ | 夏の旅行「青森編」① »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の旅行「滋賀編」②近江八幡&彦根城:

« 夏の旅行 「滋賀編」① | トップページ | 夏の旅行「青森編」① »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アメフらんど NEO

無料ブログはココログ