最近のトラックバック

ホームページ

« 夏の旅行「青森編」②  県外温泉紹介㉕ 薬研温泉 | トップページ | 夏の旅行「青森編」④ 県外温泉紹介㉕「鰺ヶ沢温泉」 »

夏の旅行「青森編」③

二日目は、朝から雨です。最初の立ち寄りはお土産屋さんなので、激しく降っていますが気になりません。そのまま港に向かい、バスのままフェリーに乗り込み、下北半島から津軽半島に向かいます。
Dscn3484
港の中は泥水でしたが、沖に出ると綺麗な海に変わりました。とは言っても雨は止んできましたが天気はよくないので海の色は暗めです。

Dscn3487

鯨みたいな島がありましたが、あとで調べたら鯛島だそうです。

Dscn3488

陸から離れると雨は止みました。陸に近づくと一時雨が降りましたが、それ以来雨には降られませんでした。あとで知ったことですが、東北地方、特に秋田と山形はとんでもない雨だったようです。
Dscn3493

やっとお昼に津軽半島に着きましたが、今日も弁当(駅弁)です。下北はホタテ養殖発祥の地なので、「ホタテめし」を頼みました。小さめのホタテと鳥飯でちょっと???でしたが、味はよかったです。
Dscn3496
さらに1時間かけて竜飛岬に行きました。雨は振っていませんが、ほぼ霧の中です。この天気で雨に降られなかったでもよかったです。

Dscn3514

竜飛岬言えば、「石川さゆり」、「津軽海峡冬景色」です。前はなかったと思うのですが、歌碑が建っていました。ボタンを押すと歌が流れますが、1番ではなく2番です。歌詞も2番の歌詞が中心です。

Dscn3525

岬も有名ですが、ここの名所は「階段国道」です。国道なのに車が通れ無い!。なんか他の所でもありそうな気がしますが、階段の国道を歩けるのも珍しいのでしょう。

Dscn3519

歩いてみましたが、きちんと整備されています。下の村まで続いていて、この前後は普通の車の通れる国道です。そういえば佐渡のフェリー航路も国道だったような。

Dscn3523

ちょっとわざどらしいですが、ここから竜飛岬の灯台までは「階段村道」だそうです。なかなか良いセンスです。

次は金木に移動です。

Dscn3527

ここでの観光は、斜陽館です。太宰治の生家でなかなか立派です。親が元々大地主だったと言うことでこんな家を建てたのを太宰本人は嫌がっていたようです。一時は旅館として利用されていましたが、今は資料館になっています。
Dscn3532
庭園も二つありこっちは土間の横の小さな庭ですが、個人的にこぢんまりしてこっちの方が良いかな。
Dscn3538

板の間には囲炉裏があります。吹き抜けになっていて天窓はロープで開け閉めできるようになっています。床には、板を外せるようになっている場所があり、灰を捨てる場所、薪を入れておく所、野菜などを入れておく所と凝った造りです。

Dscn3545

各部屋も、襖絵があったり、透かし彫りがあったり、金張りの部屋があったり、アオダモの廊下があったり、うくいす張りの廊下があったり、寄せ木細工の天井があったり、豪華な仏壇があったり、壁に漆喰で固めた金庫があったりと、贅を尽くした感じが分かります。


« 夏の旅行「青森編」②  県外温泉紹介㉕ 薬研温泉 | トップページ | 夏の旅行「青森編」④ 県外温泉紹介㉕「鰺ヶ沢温泉」 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の旅行「青森編」③:

« 夏の旅行「青森編」②  県外温泉紹介㉕ 薬研温泉 | トップページ | 夏の旅行「青森編」④ 県外温泉紹介㉕「鰺ヶ沢温泉」 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アメフらんど NEO

無料ブログはココログ