最近のトラックバック

ホームページ

« 夏の旅行「青森編」⑤ | トップページ | 石田徹也展 »

群馬県日帰り温泉紹介その87、沢渡温泉「沢渡温泉共同浴場」

中之条ビエンナーレのついでに、沢渡温泉に寄ってきました。スタンプラリーで半分まわると無料で入れたので利用したのですが、使わなくても安く利用できます。

沢渡温泉は、ちょっと交通の便は悪いですが、肌に対する効能が高く、その美肌効果は「一浴玉の肌」と言われています。また、草津温泉での強酸性の湯湯治で荒れた肌を治す「草津温泉の仕上げ湯」としても知られ、群馬県医師会温泉研究所附属沢渡病院があり、患者に温泉の効能や環境を利用したリハビリテーションが行われていることでも有名です。

宿もありますが、共同浴場が1つあり、前から一度は入ろうと思ってました。小さな駐車場もありますが、知らないと見落としそうな所です。手前が男湯で奥が女湯になっています。

Dscn4165
中は、浴室の手前がガラス戸に挟まれた脱衣所になっています。ガラス戸があることを除けば昔ながらの共同浴場の風情です。当然露天風呂とかはありません。

Dscn4169
浴室は、大きめの浴槽と小さめの浴槽が並んでいるだけで、洗い場もありません。手前は小さめのためお湯も熱めで43~44℃くらいありそうでしたので熱いのが苦手な人は入るのはちょっと大変です。奥は少し大きいので少し温度が低めで長く浸かっていられるくらいでした。お湯はオーバフローではなくてサイフォン式で余分なお湯が横の小さな穴から自然に流れ出る造りになっています。

泉質は「カルシウム・ナトリウム-・硫酸塩・塩化物温泉」です。無色透明で特に湯ノ花はありません。硫酸塩が強く硫黄臭があります。飲泉も出来るようになっていて、飲むとちょっと渋めの硫黄の味がします。phf8.5で、硫黄泉ですが弱アルカリのため草津の仕上げ湯としては良いバランスです。湧出温度が55度のためそのままだとちょっと熱めです。

共同浴場ですから、当然ですが加水や循環はしていない源泉掛け流しです。

« 夏の旅行「青森編」⑤ | トップページ | 石田徹也展 »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 群馬県日帰り温泉紹介その87、沢渡温泉「沢渡温泉共同浴場」:

« 夏の旅行「青森編」⑤ | トップページ | 石田徹也展 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アメフらんど NEO

無料ブログはココログ