最近のトラックバック

ホームページ

« 石田徹也展 | トップページ | んみゃーち宮古島① »

群馬県日帰り温泉紹介その88、仏岩温泉「鈴森の湯」

紅葉の様子を見に三国方面に出かけてみました。

Dscn4293

三国大橋のあたりはもうちょっと遅めです。実際は写真よりは発色が良い感じもします。下の方は見頃でした。

Dscn4292

今年は紅葉が少し遅めの気がしていましたが、例年通りみたいです。

帰りがけに、猿ヶ京から水上温泉へ行く通り沿いにある日帰り温泉に寄ってきました。ここは私営の日帰り温泉で釣り堀や食事施設も併設されています。ちなみに仏岩は、この温泉のある大峰山の裏側にある奇岩の名前です。

Dscn4295
ちょっと雨っぽい天気だったのでお客の入りは少ないです。食事や釣り堀は前からあったのかもしれませんが、温泉は5年ほど前からです。
Dscn4306

「ゆ」の施設は食事処と温泉への入り口になっています。右側の川沿いに小さな釣り堀があり、イワナを中心に釣ったり焼いたりBBQをしたり出来る施設になっています。
Dscn4299
内湯は、入ってすぐにかけ湯があり、右に浴槽が二槽、左が洗い場になっています。ここの泉質は無色透明の単純泉で弱アルカリ性です。主成分が硫酸イオンとカルシウムイオンのため微かに硫黄臭がします。わずかに湯ノ花も浮いています。奥の浴槽は1mくらいある深い浴槽で源泉をそのまま注いでいます。源泉の温度が35度なのでぬるいお湯です。ほのかに温かいくらいでずっと入っていられますが出るとちょっと肌寒さを感じます。

手前の浴槽はちょうど良いくらいに湧かしています。

Dscn4300
外にはミストサウナと露天風呂もあり、どちらも温泉を使っています。落ち葉なんかも浮いてて良い感じでした。ちなみに温泉は源泉掛け流しで加温はしていますが、それ以外は手を加えていません。

Dscn4301

露天風呂からは、下を流れる川が見えます。砂防ダム(?)風になっているために小さな滝のようです。ちょっと隠れた秘湯っぽい立地でのんびり出来ます。










« 石田徹也展 | トップページ | んみゃーち宮古島① »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 群馬県日帰り温泉紹介その88、仏岩温泉「鈴森の湯」:

« 石田徹也展 | トップページ | んみゃーち宮古島① »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アメフらんど NEO

無料ブログはココログ