最近のトラックバック

ホームページ

« 2013年11月 | トップページ | 2014年2月 »

2013年12月

んみゃーち宮古島③

最終日も曇り空で風が強い。15度くらいでこっちからすると温かいけど、宮古島の人にすると年間の最低気温らしい。

今日は空港近くの島の中心部に。とは言っても飛行機は11時くらいだからほとんど観光無し。

Dscn4614

まずは宮古島市の熱帯植物園に。市の施設で普通の公園って感じで無料です。
Dscn4620
トックリヤシとかデイゴ並木やちょっとした体験施設もあるけど9時くらいだと何もしていなかった。

Dscn4627

とりあえずスミレは探していたんだけど、見つかったのはここでのリュウキュウコスミレだけ。

ついでに言うと、鳥も雨だから不発。スズメやカラスやヒヨドリくらいは見たけど多かったのはイソヒヨドリかな。シロハラクイナやクロサギ?は見かけたけどよく確認してないし、イソシギもいたけど・・・。テレビでクロツラヘラサギが与那覇湾に飛来ってニュースになっていたけど、見に行けるはずもなく。 


最後はあたらす市場に。
Dscn4633

ここはJAの直場所。ちょっと変わった野菜はあるけど買って帰る訳にも行かず、ちなみに芋類は持ち出し禁止だし。魚市場の方が面白そうなんだけど残念。とりあえずお昼を購入。

空港で出発便が遅れて時間があったので。

Dscn4637
空港にもある宮古島で有名なまもる君とまる子ちゃん。

Dscn4636
空港に韓国からのお出迎えで来ていたミス宮古島の二人、ミスブーゲンビリアとミスティダ(太陽)。

Dscn4643
歓迎のために演奏する宮古島の民謡歌手(ホテルで聞いた歌手は左の人)

でも、入国手続きで時間がかかり出てくるのがぽつりぽつりだったんで、なんか寂しい感じ。

Dscn4659
飛行機からは珊瑚礁の様子がぱっちり。ツアーだと窓際は珍しい・・・。

Dscn4666

お昼はあたらす市場で買った宮古島風のとりあえずおかずを何でも御飯の上に乗っけちゃう弁当。御飯の上に野菜炒めと卵焼きと甘辛く煮た挽肉を乗せ、鶏肉とソーセージと魚の揚げたのをのせたもの。安くあげました。


県外温泉紹介㉖ シギラ黄金温泉

宮古島で入った温泉です。リゾート施設内のため通常2000円です。関連ホテルに泊まっているので安くはなりましたが・・・。Dscn4609
受付を入ると左右に温泉があり、真ん中はプールになっています。プールは水着着用ゾーンで温泉を利用したプールとの通常のプールのようです。台風などで海に入れなくてもここで遊べるという感じなんでしょう。当然リゾートですから食堂「カフェ」もあります。ついでにショップやジムもあります。

Dscn4611

温泉は露天風呂と展望風呂とサウナがあり、リゾートならではというのは、女性用が充実しているところでしょう。女性用にはサウナも二つあるようです。室内風呂はなしです。打たせ湯や洞窟湯、寝湯などは水着ゾーンのようです。ジャグジーはプライベートルームらしいです。

温泉は、地下1250mから汲み上げている弱アルカリ性の温泉です。沖縄本島にもありますが、化石温泉とか呼んでいるタイプになります。泉質は「ナトリウム-塩化物泉」で海水と似た成分になりますが、ここのは見た感じでも褐色がかっていて遊離成分が多いようです。しっかり温泉のニオイもします。入ると少しぬるぬるする感じがあり、出たあともぽかぽかしてきます。湧出温度も60度近くあり、量も多いので加水はしていないようです。こういう施設なので、温度を保つための加温、循環・消毒は仕方が無いところでしょう。なかなか良い温泉です。

この間沖縄に行ったときには沖縄本島の温泉に入ったし、前には西表島の温泉にも入ったし、ここは日本最南端・最西端の温泉らしいので、南の方の温泉はほぼ入ったようです。

んみゃーち宮古島②

宮古島旅行二日目です。昨日は宮古島南方面で、今日は北西方面です。

まずは伊良部島です。

Dscn4479

ここは橋を建設中でほぼ完成に近づきつつありますが、まだ完成していないのでフェリーで渡りました。宮古島の平良港から伊良部島の佐良浜漁港までの40分くらいです。大きい島なのでフェリーの上から写真を撮りました。島の回りは当然、珊瑚礁です。

伊良部島はサシバの渡りで有名なところです。秋には日本と中国から渡ってきたサシバが通ります。冬にも残っているのがいるそうですが見つかりませんでした。

ついでに、伊良部島のお墓はカラフルです。そして集落ごとに方言が違っていて言語学の研究にはもってこいの土地らしいです。

隣の下地島の佐和田の浜です。
Dscn4485
昔の台風で打ち上げられた石(琉球石灰岩)が海岸に点々と散らばっています。このときは引き潮でしたが、ここは全部海になります。

下地島には空港があり、羽田の滑走路と同じくらいの長さがあるそうです。ここは飛行機の訓練のための空港で、飛行機を持ってきて訓練するそうです。なので観光シーズンの今は訓練はしていませんでした。

Dscn4504
下地島ののもう一つの名所が、通り池です。二つ池が並んでいて地下で繋がっているそうです。海とも繋がっているので、ダイビングポイントとしては有名だそうです。

伊良部島に戻ってきました。渡口の浜です。Dscn4516

伊良部島の代表的な海水浴場だそうです。雨なので白い砂葉のと透き通った海!とはいきませんがそれでも十分綺麗です。
Dscn4514
反対側は水路のようになっています。ここは右側が伊良部島、左側が下地島です。奥にバス1~2台分くらいの小さな橋がありますが、ここで二つの島は橋で結ばれています。


宮古島に戻ってお昼です。
Dscn4531

お昼の場所は「あぱら樹」と言う居酒屋で、昼は食事を出してくれるというのが宮古島のお店一般的らしいです。

Dscn4530
頼んだのはゴーヤチャンプルー定食て、宮古島そばと、ニンジンしりしりと、もずくつきです。ゴーヤがこれでもかと言うほど入っています。

午後の観光は砂山ビーチから。

Dscn4536
山といっても砂が吹き上げられたものなので高さも50mほどです。最も人気の観光地(海水浴場)らしいです。

Dscn4538
左側がこんな感じです。

Dscn4545

イラブー(子供)の死骸が落ちてました。

Dscn4546
右奥から見るとこんな感じにビーチが広がっています。そこにいるのは一緒のツアーの人たちです。

つぎは海中公園です。

Dscn4565

観光地のわりには、細い田舎道に入っていきます。最近出来た施設のようです。

Dscn4560

海中公園ですから、海の中が見られるようにした施設と言うことです。特に餌はやっていないのだと思いますが、たくさん魚がやってきていました。高知の竜串にも似たような施設があります。

Dscn4569
雨と風が激しくなってきたのでほとんど行ってみただけです。まずは西平安名崎(にしへあんなざき)です。ここは風力発電もしていました。宮古島の北端にあるのになぜ西?と言うのかというと方言です。東は「あがり」、西は「いり」、北は「にし」、南は「ふぇー」だからです。

Dscn4573
次に雪塩製塩所。話を聞いて、雪塩ソフトを食べました。一口食べてから慌てて写真を撮りました。

雨は小降りになってきました。池間島に渡ります。
Dscn4576
池間島の名所はここ、ハート岩です。どこにハート?という感じですが、岩に出来た穴が斜め右向きのハートです。ここでピンと来る人はいるかもしれませんが、朝ドラ「純と愛」のロケ地です。おじーのホテルがなくなって、落ち込んでるときに、JとIの形の珊瑚の枝を拾って結婚を決めてた場所です。それを指輪代わりのネックレスにするのもありました。

Dscn4584
池間島は、池間大橋という橋で繋がれています。ここも橋の下は海の色から分かるように綺麗な珊瑚礁でウミガメもいたそうです。この橋のたもとにお土産屋さんが並んでいます。

最後は島尻マングロープ林です。

Dscn4600
宮古島には二カ所マングローブ林があります。宮古島には川がないのに汽水域のマングローブ林がなぜあるのかというと、地下水が湧いているらしいです。ここにあるのは、オヒルギ、ヒルギダマシ、ヤエヤマヒルギのようです。

んみゃーち宮古島①

今年最後の旅行は、沖縄県の宮古島にしました。沖縄は何度か来ていますが、宮古島は初めてです。「んみゃーち」は宮古島の方言で「ようこそ」という意味で、沖縄本島で言う「めんそーれ」にあたります。

Dscn4410

群馬から始発の電車に乗り羽田まで行き、那覇に着いたときは雨。
Dscn4411

2時くらいに宮古島に着いたらとりあえず雨は降っていませんでした。空港の建物は南国風です。

まずは最初の観光です。
Dscn4416
宮古島の最東端の東平安名崎に行きました。日本百景の一つだそうです。紺碧の海に2kmに渡って突き出した岬です。まずは展望台から眺めました。

Dscn4433

先には灯台があり登ることが出来ます。
Dscn4439
駐車場から灯台まで遊歩道があり、下を眺めるとこんな感じです。ただ、雨もポツポツ降っていて風もすごかったので大変でした。そんな中でも宮古島の海は綺麗です。宮古島には山がなく川もないため海はいつでも綺麗だそうです。天気が良いともっと綺麗なのでしょうけど・・・・。

Dscn4445
このあたりは海岸性の植物の保護地になっています。県の天然記念物「天ノ梅の群生地」だそうです。この時期なので咲いていたのはイリオモテアザミ他数種でした。

次の観光は、「貝宝館」です。

Dscn4455
ここは、ダイバーだった館長が、自分で集めた貝殻を展示している私設の博物館です。

Dscn4453
宮古島の厄除けとして玄関に飾られる水字貝がありました。沖縄本島ではシーサーですが、宮古島では水字貝だそうです。最近はシーサーも置いてある家が増えたとか。

最後の観光が来間島です。

Dscn4464
観光として寄ったのは展望台でした。バスは通り道も限定されていてここも道端に駐車しての撮影タイムでした。写真は来間島から見た宮古島と言うことです。橋は来間橋といい、真ん中が盛り上がっているのは船が通るためだそうです。ただし、珊瑚礁の浅い場所のため船の通路を造ろうと珊瑚礁を削ったら、それまで見られたウミガメが来なくなったと言うことで中止になったため、一度も船は通っていないそうです。天気は悪かったのですが、聞いていた通り、海は濁ることもなく綺麗でした。

今日泊まるホテルです。

Dscn4466
沖縄は、民宿かリゾートホテルが多いためツアーで来ると似合わないリゾートホテル暮らしになります。今回は連泊です。

Dscn4469

夕食は、鍋と宮こそば、モズク、島豆腐、パイナップルなどでした。追加でグルクンの唐揚げをつけました。骨までよく揚がっていたので全部食べられました。ちょっと独特の臭みがあります。

夕食の後民謡ショーを見ました。この歌手とは空港でまた会うことになります。

Dscn4472

明日は雨が降らないといいけど。

« 2013年11月 | トップページ | 2014年2月 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アメフらんど NEO

無料ブログはココログ