最近のトラックバック

ホームページ

« GW高知旅行 | トップページ | スミレ紀行⑧(四国編) »

GW高知旅行〈植物編〉

今回の一番のお気に入りから。

Dscn0310

近畿以西・四国の蛇紋岩地で春に咲く野菊、シュンジュギク。漢字で書くと春寿菊。名前も良いし、すっきりとした感じが春の野菊らしい。

 

次はサトイモ科シリーズ。

Dscn0380

ミミガタテンナンショウに似ているけど、葉が3枚。だからミツバテンナンショウ。

Dscn0455

海岸近くに多いムサシアブミは、昨年見てから、この不気味さに何となく惹かれる。見るからに南方風の植物。ちなみに後ろにはユキモチソウが。

Dscn0431

付属体の先端が白い餅のようだから。でも、仏炎苞のストライプが何とも素敵。テンナンショウの仲間の中ではユキモチソウとウラシマソウが人気者。

Dscn0479

全体的に緑色だからアオテンナンショウ。葉が多くて仏炎苞の先が穂状に伸びるのも特徴。

Dscn0481

テンナンショウ近縁のハンゲ属、カラスビシャクの別名がハンゲで大きいからオオハンゲ。カラスビシャクと比べるとなかなかの迫力。

Dscn0302

コツクハネウツギも群馬にはない。萼が2枚が特徴。

Dscn0307

シライトソウもなかなか見られないけど、高知だと蛇紋岩のせいか何度か見かけました。

Dscn0474

カザグルマも野生で残っている。蛇紋岩地帯のためもともと生育数も多いのだと思う。関東ではあってもほぼ盗掘にあい絶滅状態。減っているとは言っていたけど、群馬から見るとあるだけでも・・・。でも、高知の人たちには日頃住んでいる地域の貴重性がなかなか分かってもらえないらしく大変そう。

Dscn0457

見過ごしそうになったけど、こっちのはヒメイカリソウらしい。さすが石灰岩の植物も豊富。

Dscn0442

変わったナベワリの花。下向きだから撮りにくい。これも花が下にあるので見逃しそうな物の一つ。

Dscn0348

フデリンドウはたくさん咲いていると何となく撮ってしまう花の一つ。

Dscn0355_2

群馬だとほとんどミヤマキケマンしかないけど、こっちはフウロケマン。

Dscn0370

咲いていたのはクロフネサイシンだけ。サカワサイシンはあと一歩で開花前。

Dscn0376

群馬では、オオコガネネコノメばかりで違いがよく分かっていなかったけど、コガネネコノメの方が一目で分かるくらい小ぶりで葉も小さい。

Dscn0478

道端ではジャケツイバラが花盛り。群馬にも分布はするけどまだ見てなかった。それにしてもすごく良い香りがする。

Dscn0513

イワギリソウは微妙に咲いていた。望遠で撮らなければならないほど遠かったけれど、見られてよかった。ここでは毎年人が落ちているらしいから・・・。

« GW高知旅行 | トップページ | スミレ紀行⑧(四国編) »

自然観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GW高知旅行〈植物編〉:

« GW高知旅行 | トップページ | スミレ紀行⑧(四国編) »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アメフらんど NEO

無料ブログはココログ