最近のトラックバック

ホームページ

« 今週のスミレ⑥(特別編、その2) | トップページ | 今週のスミレ⑦(特別編、その3) »

群馬のお酒

前橋プレミアム商品券が抽選に当たったので買ってきました。

とりあえずはいつもの酒屋がリストに入っていたので早速これを使って買ってきました。

Dscn3231

左から3本は最近飲んだものです。一番左のものを除いてなんか張ってありますが、全てちょっと特別なバージョンと言うことです。

①大利根酒造の「純米三年貯蔵酒」・・・ここの代表銘柄は「左大臣」です。3年と言いながら、もう売り出して6年くらいになっていますが値段は当時のままで、酒屋で安売りしてました。

②貴娘酒造の「咲耶美」(純米吟醸 直汲み荒ばしり)・・・息子の方が別銘柄で出したお酒です。春ならではのお酒です。

③龍神酒造の「尾瀬の雪どけ」(純米大吟醸 愛山)・・・純米大吟醸の割には割安でした。最近おいしい酒を造っているのでおすすめの一つになってきています。

右の3本は全て「舞風」シリーズで、群馬の水、群馬の酒米(舞風)、群馬の酵母(KAZE酵母)を使ったオール群馬のお酒です。新酒をこの時期は販売しています。一部「ひやおろし」として秋にも販売している蔵元もあります。

④貴娘酒造の「風の街」(無濾過生原酒)・・・②からの繋がりで初めて買ってみました。
火入れをしていない生原酒で一番おいしい中取りらしいです。

⑤高井酒蔵の「巌」(本生)・・・これも初めて買ってみました。本生につられて・・・。こういうお酒って味が変化するから、ちゃんと管理してくれないお店でしか買えない。

⑥土田酒蔵の「つぼみ」・・・一番の特徴は米麹だけのお酒で独特の風味と菌が生きているため味の変化も楽しめます。これは毎年飲んでいるお酒です。今までは酒米に「山田錦」を使っていたけど昨年なかなか手に入らず(獺祭が買い占めたという噂も・・・)に出荷が遅れました。そこで今回は「舞風」シーリーズで出したようです。さっぱりすっきり系の酵母でどんな感じに仕上がったか楽しみです。実はこの「つぼみ」は特別なお店にしかおいて無いと思う。

「左大臣」と「桂川」はこのあと買うつもりです。でも、「清暸」と「赤城山」はなんで純米じゃ無いんだろう。ほかのは全部純米なのに。元々吟醸酵母だから純米吟醸にはしてほしいと思っているけど、味的にはただの純米が好きだから純米までは納得なんだけどなぁ。

« 今週のスミレ⑥(特別編、その2) | トップページ | 今週のスミレ⑦(特別編、その3) »

グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 群馬のお酒:

« 今週のスミレ⑥(特別編、その2) | トップページ | 今週のスミレ⑦(特別編、その3) »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アメフらんど NEO

無料ブログはココログ