最近のトラックバック

ホームページ

« 今週のスミレ④(特別編) | トップページ | 今週のスミレ⑥(特別編、その2) »

今週のスミレ⑤

そろそろ標高1000m近くまで花が咲いてきました。

Dscn3101

ヒナスミレも標高が高い方が色が綺麗に感じるのは気のせいでしょうか。比較的高いところになるとフイリが出てきますが、まだ出会ってないです。
Dscn3104

マルバスミレは登り口当たりにあることが多いですが、花付きがよくなってきました。
Dscn3145

アケボノスミレも見られるようになってきました。これは標高の低い平地には出てきません。
Dscn3094

ちょっと標高の高いところの主役はエイザンスミレだと勝手に思ってます。色も変化が多いし見栄えもします。

Dscn3092
こんな感じに沢山まとまって咲いてくれると、いい香りが漂ってきます。これもエイザンスミレの楽しみの一つです。
Dscn3142
ヒゴスミレはエイザンスミレに比べると出会う機会は少ないです。
Dscn2869
分かりにくいけどヒトツバエゾスミレの白っぽいものです。綺麗に白いのがあるとうれしいのだけれど・・・。
Dscn3136
今週の交雑種は、エイザンが片親のものにします。どちらも変な切れ込みが入ります。
Dscn2873

これは、ちょっと色が濃いけどスワなんだろなぁ。

« 今週のスミレ④(特別編) | トップページ | 今週のスミレ⑥(特別編、その2) »

自然観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今週のスミレ⑤:

« 今週のスミレ④(特別編) | トップページ | 今週のスミレ⑥(特別編、その2) »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アメフらんど NEO

無料ブログはココログ