最近のトラックバック

ホームページ

« 敷島上水道の特別公開 | トップページ | 今週のスミレ⑨ »

今週のスミレ⑧

今年は花が早いです。平地ではフジやツツジが見頃を迎えヒメウツギやミツバウツギまで咲き始めています。おかげでアカヤシオは見頃を見逃しもうトウゴクミツバツツジのシーズンに入ってしまいました。

Dscn3336
もうヤマブキソウが咲き始めています。
Dscn3423
標高1000m程度でもエイザンスミレは見頃を過ぎ、日陰などに残っているだけになってしまいました。
Dscn3341
ヒトツバエゾスミレの白花はこの程度が限界です。

Dscn3438

一足遅く咲くニオイタチツボスミレはどこでも見られるようになりました。
Dscn3387
山の乾燥したところでは、フモトスミレがたくさん咲いています。フモトと言いながら麓よりも山地の稜線などの方がよく見かけます。
Dscn3388
標高が高めのところだと、フイリのフモトスミレが多くなります。ヒナスミレと並び綺麗に斑の入るスミレです。
Dscn3421
サクラスミレも咲き始めました。まだ数は少ないので状態のいいのは少ないです。
Dscn3422
サクラスミレは赤い斑の入るチシオスミレも見つかります。

Dscn3430
こういう見分けにくいのは嫌いです。エイザンなのかヒゴなのかはっきりしてほしいです。両者が混在するところでは必ずと言っていいほど見つかります。
Dscn3400
昨年は、数株並んで見事だったのに今年は一株になってしまいました。フモトもヒゴも多いところなのでまた増えることもあるでしょう。致命的だったのはGWに開花してしまったことでしょうか。周りには掘った後がありましたので前日くらいではないかと思います。一株残す良心はあるのなら掘らないでほしいです。

(昨年紹介したのが原因かもと思い、今年は種名も場所も時期もあやふやに書いています。)

Dscn3403
その前に紹介して亡くなったオクタマも見つけました。これは明日には花弁が落ちると思うので今年はもう大丈夫でしょう。

別の場所ですが、

Dscn3449
キンランが花盛りでした。場所も広がり20株くらい咲いていました。例年花をつけていますが、工事で半分くらいに減った時期もありました。明らかに掘られたこともあります。GWに花をつけることが多いので今年も心配したのですが、とりあえずは無事でした。

Dscn3451
今年は近くでギンランも見つかりました。しばらく見ていなかったのですが、どうにかまだ残っているようです。
Dscn3442
ササバギンランはこの仲間の中ではいろいろなところで見かけます。背が高いのでこの中では一番目につきやすい花ではあります。毎年同じ株ではなさそうなので盗られているのかもしれません。

ことしは、群馬県も 「野生動植物保護条例」 がやっと出来たので、少しは盗掘などが減るといいのですが・・・。

« 敷島上水道の特別公開 | トップページ | 今週のスミレ⑨ »

自然観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今週のスミレ⑧:

« 敷島上水道の特別公開 | トップページ | 今週のスミレ⑨ »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アメフらんど NEO

無料ブログはココログ