最近のトラックバック

ホームページ

« 群馬県日帰り温泉紹介その91、鹿沢温泉「とべの湯」 | トップページ | 利尻・礼文旅行① 県外温泉㉚稚内ノシャップ温泉 »

今週のスミレ⑪

そろそろスミレの季節は終わりを迎えようとしています。山地ではタチツボスミレやニョイスミレなどの長い期間咲き続けるスミレが残っているくらいになりました。あとは、亜高山のスミレと超遅咲きの特殊なスミレだけです。

Dscn3991
まずは、超遅咲きのタチスミレです。氾濫原の葦原などでかろうじて残っているスミレです。ちょっとしたことで環境が変わり無くなってしまうこともしばしばです。最初に見た場所は乾燥化が進んで、次に見た場所は改修工事で絶滅しました。今の場所はかろうじて残っています。3.11とその後の影響で、他に確認していた場所は一つは消滅し、もう一つは青息吐息です。

Dscn4042
ヒメスミレサイシンは亜高山性では無いんですが、今回見に行ったのはほぼ亜高山のためこの季節に開花します。他の場所では5月はじめですが、なかなか行きにくいところばかりです。群馬県にはほんのちょっとしか有りません。今回の場所も、あったのは全て県境の稜線の向こう側でした。もう一カ所も県境の稜線上に生えているので微妙です。もう一カ所未確認の所は、通行止めでいけなくなっています。隣の県だとそれなりにあるようなんですが。


 

« 群馬県日帰り温泉紹介その91、鹿沢温泉「とべの湯」 | トップページ | 利尻・礼文旅行① 県外温泉㉚稚内ノシャップ温泉 »

自然観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今週のスミレ⑪:

« 群馬県日帰り温泉紹介その91、鹿沢温泉「とべの湯」 | トップページ | 利尻・礼文旅行① 県外温泉㉚稚内ノシャップ温泉 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アメフらんど NEO

無料ブログはココログ