最近のトラックバック

ホームページ

« 利尻・礼文旅行② 県外温泉31 利尻温泉 | トップページ | 利尻・礼文旅行④ »

利尻・礼文旅行③

今朝は、雨が降っていないので朝の散歩にホテル裏のペシ岬に行きます。

1
岬にはかわいい灯台が建っています。近くまでは寄れません。
2
岬では、エゾカンゾウが咲き始めていました。
3
岬からは鴛泊港が見渡せます。手前左が泊まったホテルです。
4
海は相変わらず荒れています。奥にどうにか礼文島が見えています。

5
今日は利尻島を時計回りに一周します。まずは姫沼です。ちなみに、今日も花ガイド付きです。姫沼の周りはトドマツやエゾマツを中心とした林です。ここから姫沼ポン山(利尻の寄生火山の一つで、小山は全てポン山)に上る登山道があります。
6
微妙なテンナンショウです。特に説明はありませんでした。花茎が短いのと大きさはカラフトヒロハテンナンショウ的ですが、葉の数が多いのと細いのはコウライテンナンショウ的です。とりあえずはコウライテンナンショウ型のマムシグサとしておきます。
7
マイヅルソウは林なら普通にどこにでもあります。ここも海岸から少し上がったところですが花盛りでした。
8
スミレはどこに行ってもニョイスミレだけです。オオタチツボスミレとか他のスミレはもう終わってました。
9
次は、利尻岳撮影ポイントの一つオタドマリ沼です。ここに来てやっと利尻岳の麓の雪渓までは見えました。
10
ここも急ぎ足で一周してみました。オオアマドコロが花盛りでした。
11
次は南浜湿原です。池の周りは低層湿原ですが、その奥に高層湿原が広がってます。12

ここの林は湿地のためアカエゾマツが中心です。乾燥が進んだところにはエゾマツやトドマツが入り込んでいました。ワタスゲが見頃でミズバショウはお化けになっています。
13
エゾイソツツジがいい感じに花を咲かせていました。
14
ホロムイイチゴも咲いていましたが、昨日の雨風の中で花びらがそろっているものがあまりありません。

15
そして、もう一つの利尻岳撮影ポイントの仙法志公園ですが、今日はここがちょうど分水嶺になっていたらしく、急に雨が降ってきました。ちなみにここには、昔のニシン漁の頃の生け簀があり、そこでゴマフアザラシが飼われています。
16
今まで車窓から見ていたセンダイハギをやっと身近に見ることが出来ました。草原になっているところではちょうど花盛りでした。山道では道ばたの黄色はハルザキヤマガラシです。
17
お昼はフェリーターミナル(?)で、海鮮丼です。ここのは、もずく酢、鮭の漬け、いくら、昆布の佃煮、トビッコ、根昆布なとを自分で乗せて作る方式です。
18
利尻島の最後は、ポンモシリ島のある富士野緑地です。「北のカナリア」のロケ地と言うことで最近の観光名所みたいです。

19
ここは、利尻岳が噴火した時に流れ出た溶岩が、今でも見られるところです。
20
また、荒れた海を渡って稚内に戻ります。
21
稚内では、北防波堤ドームをちょこっとだけ見学しました。昔は荒れた海にさらわれる人がたくさん居てそれを防ぐために作ったものです。
22
今日の宿はホテル猿払です。周りは公園になっていますが、近くに建物は無く牧場が広がって居ます。
23
夕食は、猿払ですからホタテづくし膳です。ホタテの刺身、ホタテの煮物、ホタテのミルク鍋の他、このあと揚げたてのホタテフライと焼きたてのホタテの塩焼きが出てきました。ちょっと海鮮ものには飽きてきたので、ちょっとだけあったステーキが嬉しかったです。

隣に入浴施設はあるのですが、残念ながら温泉ではありませんでした。

« 利尻・礼文旅行② 県外温泉31 利尻温泉 | トップページ | 利尻・礼文旅行④ »

自然観察」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 利尻・礼文旅行③:

« 利尻・礼文旅行② 県外温泉31 利尻温泉 | トップページ | 利尻・礼文旅行④ »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アメフらんど NEO

無料ブログはココログ