最近のトラックバック

ホームページ

« 今週のスミレ⑬ | トップページ | 白馬へ② »

白馬へ①

白馬へ行ってきました。宿は言わずと知れた「ぼくんち」です。朝早く出発しましたが、ずっと雨でどうなることかと心配しましたが、大気が不安定ながらどうにか晴れ間も見えてきました。さっそく白馬の大雪渓へ出発です。

Dscn4984
猿倉から登りましたが、白馬尻手前でもう雪渓が始まります。奥の細くなっている先が白馬尻荘(宿の準備中でした)あたりです。ちょっと軽アイゼンあたりがあった方がよかったかなと思いましたが、とりあえず無事でした。
Dscn4993
目的は、ミヤマキスミレです。予定よりも花が進んでいてなかなか見つかりませんでしたが、雪渓の溶けたところを探しているうちに見つかりました。高山タイプのオオバキスミレですので、ちょっと小型で茎も紫です。葉がほぼ三枚輪生しているのが特徴ですが、ちょっとずれているのも普通に有ります。
Dscn4979
こっちはちょっと微妙なミヤマツボスミレです。ミヤマツボスミレもニョイスミレの高山型ですから、高山手前では中間タイプが出て来ます。
Dscn4982

雪が溶けたところでは、シラネアオイが群落を作って咲いていました。群馬では植えたところでしかこんな群落は見られませんが、こっちではそこら中で咲いています。

Dscn4983

キヌガサソウもそこら中でたくさん咲いています。群馬ではなかなか見られないんですけどねぇ。
Dscn4985
オオサクラソウも普通に見られます。ただ雪渓の溶けたところでも花がたくさんあるところを探すために色々探し回りました。雪渓の上なので道はありませんので知っている方と一緒だったからよかったけど、一人で行ったら「こんな雪渓が残っていたら花は無いや」ってあきらめていたところです。

午後は、場所を変えて昔はスキー場だった所を個人で管理しているところを案内してもらえました。

Dscn5004
ササユリがそこら中に咲いています。県内では見たことが無いのですが、清楚な感じのユリです。
Dscn5010
普通のウツボグサも綺麗に咲いていたので撮ってみました。Dscn5029

トキソウも花盛りでした。なかなかタイミングよく見られることは無いので感謝です。
Dscn5013
ヤマトキソウも初めて見ました。思ったよりも小さくてトキソウのイメージで探していたら見つかりませんでした。なんか小っちゃいのがあると思ってよく見たら、これでも咲いていました。
Dscn5017
タカトウダイと思って適当に見ていたら、シナノタイゲキ!でした。実のいぼいぼに毛がたくさん生えています。
Dscn5019
ハッチョウトンボも飛び交っています。こっちは雌で小っちゃくて真っ赤なトンボです。
Dscn5025
ハッチョウトンボの雌です。地味です。



« 今週のスミレ⑬ | トップページ | 白馬へ② »

自然観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白馬へ①:

« 今週のスミレ⑬ | トップページ | 白馬へ② »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アメフらんど NEO

無料ブログはココログ