最近のトラックバック

ホームページ

« 群馬県日帰り温泉紹介その93、鹿沢温泉「紅葉館」 | トップページ | 群馬県日帰り温泉紹介その94、花咲温泉「花咲の湯」 »

またまた尾瀬です。ランラン!

また尾瀬に行ってきました。ただ、この季節に行くのは最近有りませんでした。ニッコウキスゲシーズンは混んでるからです。

Dscn5694
まずはカキツバタから。花はちょっと遅いらしくカキツバタが見頃でした。3週間前に行った至仏山はもう雪が全部溶けているようです。同じバスで行った人たちはほとんどが至仏山へ登っていきました。
Dscn5725

天気がよくて「逆さ燧」もしっかり見えました。ちなみに手前はヒツジグサとホソバタマミクリです。

Dscn5721
ニッコウキスゲで黄色く染まった湿原です。鹿の食害で尾瀬でもどんどん減っています。昨年同じ場所で撮った人が「今年は減った」と嘆いていました。ぬた場や鹿道もありました。ニッコウキスゲの咲く尾瀬もいつまで見られるかです。
Dscn5710
モウセンゴケも花を咲かせていましたが、これは食べられる心配は無さそうです。
Dscn5702
こっちはナガバノモウセンゴケです。花の咲いているのはちょっと少なめでした。
Dscn5711
その交雑種のサジバモウセンゴケです。探すとそれなりに見つかります。

Dscn5734

オゼタイゲキも区別がつくように撮ってみました。ハクサンタイゲキの仲間で実に毛が生えていてイボイボがあることが特徴です。遠目だと葉が黄色っぽく見えます。

Dscn5677
ちょっと分かりにくいものですが、こっちはナツトウダイ。葉の形が違うのと花の付け根に赤い三日月型のがついていることです。

Dscn5746
もう絶対終わっていると思っていたツルコケモモがまだかろうじて残っていました。やっぱり尾瀬も花は遅れ気味です。

最後はラン、ラ、ラン、ラ、ラン!。

Dscn5704_2
一番沢山あったのはトキソウです。どこに行っても咲いているという感じに沢山ありました。一応ヤマトキソウも気をつけて見ていたのですが、環境が違うのか見つかりませんでした。
Dscn5776_2
トキソウの中に時々色の濃いのが混ざっています。こっちは湿原のランだからサワランです。旭の色でアサヒランという名もあります。
Dscn5752
これももう無いと思っていたのですが、偶然ひと株だけ見つかりました。でも相当お疲れ気味です。
Dscn5673

目立つんだけどちょっと遠かったので望遠撮影です。オニノヤガラも花が一番上まで行き下の方はもう終わっていました。
Dscn5692
白が目立つのはミズチドリです。
Dscn5769
ちょっと分かりにくいのがここからの3種。まずはキソチドリです。距が下に伸び花が下向きが一応の基本形です。
Dscn5714
花が小さくて、距が後ろに跳ね上がり、小さなトンボが止まっているようなのがコバノトンボソウです。
Dscn5671

これは花が小さくて距が後ろから下に伸びているのでホソバノキソチドリ。ちょっと違うっぽいのがあったのだけどあとは写真判定で、HPで。

« 群馬県日帰り温泉紹介その93、鹿沢温泉「紅葉館」 | トップページ | 群馬県日帰り温泉紹介その94、花咲温泉「花咲の湯」 »

自然観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: またまた尾瀬です。ランラン!:

« 群馬県日帰り温泉紹介その93、鹿沢温泉「紅葉館」 | トップページ | 群馬県日帰り温泉紹介その94、花咲温泉「花咲の湯」 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アメフらんど NEO

無料ブログはココログ