最近のトラックバック

ホームページ

« 今度は至仏山 | トップページ | 群馬県日帰り温泉紹介その93、鹿沢温泉「紅葉館」 »

コマクサを見に

コマクサを見に三方が峰へ行ってきました。もっと近くにもあるんですが、最近はここに行ってなかったもので。

Dscn5563
植栽です。頑丈な金網の向こうで咲いています。ただ、見晴らしがよく湯ノ丸あたりから上田そして佐久方面までが見渡せます。
Dscn5552
コマクサはちょうど見頃でした。ただしあまり近くにはありません。Dscn5523
カキツバタも開花中です。これもここの売りに書いてあったりします。

Dscn5520

でも、ここを代表する植物の一つは、シャジクソウだと思ってます。このあたり特有の植物の一つです。ちょっと聞きかじったおばさんが一生懸命シャクジソウと説明してました。他にもネバリランてのも聞こえてきました。惜しいんだけどね(^_^)。
Dscn5550
もう一つは、グンバイヅル、または、マルバクワガタです。これもこのあたり特有の植物のひ一つです。丸い葉が蔓になって伸びて行くのが特徴です。
Dscn5524_2

色が濃くて毛深いグンナイフウロもこのあたりに沢山あります。フウロソウの中では花期が早いので夏真っ盛りの頃はもう終わってますので、そろそろ終わりに近くなってます。
Dscn5510
テガタチドリが見頃を迎えていました。もう少し前だとちょっと似ているノビネチドリが咲いていますがもう今頃は終わってます。
Dscn5577
湿原はハクサンチドリが見頃です。北海道では雑草のように生えていましたが、やっぱり高原で見ると感じが違います。
Dscn5515

今回は、シテンクモキリをちょっとよく見ようとやってきました。標高の高いところにあるクモキリソウで花の芯が紫色になります。
Dscn5490
こっちが他の場所で見たクモキリソウですが、花全体がほとんど薄緑です。
Dscn5517
コケモモも花盛りです。今年は豊作っぽいから沢山実がなりそうです。
Dscn5542
ハクサンシャクナゲが咲き始めていました。6月はアズマシャクナゲでしたが、選手交代です。葉の裏がポイントです。
Dscn5591
帰りの車道で、リンネソウを見つけました。山頂付近には割に沢山ありますが今回はパスしました。池ノ平にもあるのですが、昔の休憩所の奥で今は入れなくなっているので今日は見られないと思っていたのですが、怪しい人(^_^;)が道ばたを見ていたので声をかけてみたらこれを見てました。
Dscn5565
カラマツの実は大きくなってきました。松ヤニが沢山で出ます。
Dscn5570
こっちはハイマツです。かわいい雌花が二つついています。確か実が熟すのに2年掛かるので下に見えている松ぼっくりは一昨年のものです。
Dscn5574
クロマメノキもこのあたりに沢山あります。別名は浅間葡萄で和製ブルーベリーがなります。一時のブームの時は根こそぎ実が取られていましたが、最近は落ち着いたのでほっとしてます。もう花は最後のようです。









« 今度は至仏山 | トップページ | 群馬県日帰り温泉紹介その93、鹿沢温泉「紅葉館」 »

自然観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コマクサを見に:

« 今度は至仏山 | トップページ | 群馬県日帰り温泉紹介その93、鹿沢温泉「紅葉館」 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アメフらんど NEO

無料ブログはココログ