最近のトラックバック

ホームページ

« 草津音楽祭 | トップページ | 「大地の芸術祭」、つまりトリエンナーレ② »

「大地の芸術祭」、つまりトリエンナーレ①

 「大地の芸術祭」に行ってきました。正式には「越後妻有トリエンナーレ2015」になります。トリエンナーレは3年に一度開かれる現代アートの祭典で、代表的なものとして瀬戸内、横浜、越後妻有が一年ごとに開催されています。瀬戸内は島、横浜は都会、妻有は農村、と言う位置づけかなと思います。この成功が元で、最近は経済効果があると言うことでいろいろな所で行われるようになりました。

2000年から始まり今回が6回目です。とは言っても見に行くようになったのは前回からです。ここはあまりにも広い範囲に約380作品が散らばっているので完全制覇は大変です。ただ、ずっと展示されているものも多く、新作は約180程度です。その辺かほぼ新作のヨコトリ(横浜トリエンナーレ)とは違う所です。お盆に一度廻りましたが、そのときのを合わせて二回に分けて紹介します。

Dscn6258
「大地の芸術祭」の中心施設は十日町にある、越後妻有里山現代美術館「キナーレ」です。中庭にある蓬莱山は新作で、ほかは変わっていません。まあ、個人的にはほかの作品はあまり魅力的では無い(友人も同意見)ので、バスポートとガイドブックを購入してアートツアーのスタートです。
Dscn6261
まずは、「うぶすなの家」にお昼を食べに行きました。ここは空き家になった藁葺き屋根の民家を現代アートの美術館として再生した場所です。

Dscn6267
竈は織部焼きに作り替えられています。
Dscn6262
各部屋は焼き物を中心にいろいろ飾られています。2回も茶室仕立てになっています。
Dscn6272
食事は地元の食材を使った妻有ポークや蕗味噌などの山菜料理、漬け物などの地元の料理です。
Dscn6274
次は近くの「もぐらの館」です。廃校になった小学校の中が数人の芸術家が協力して作成した土を素材とした作品で飾られています。素材とコンセプトがしっかりしているので見応えがあります。
Dscn6282
階段はモグラの通路のように独特の模様で飾られていたり、土で造られオブジェで一杯です。
Dscn6284
教室の中は土壌のモノリス(地層標本)を並べていたりと部屋ごとに土を使った違う展示がされています。

Dscn6289
次のポイントに移動する途中で今年の新作に立ち寄ります。台湾の有名絵本作家の作品が田舎の駅に再現されています。新潟特有のかまぼこ形倉庫が現代アートに変身です。
Dscn6292
中は、絵本が再現され、映像でも紹介され、これが新作絵本として発売されています。ほかの駅にはもう一つ作品が展示されているようですが、そっちまでは廻り切れません。

Dscn6348
十日町とともにもう一つの拠点となっている松代の雪国農耕文化センター「農舞台」へ到着です。
Dscn6310
この部屋は新作です。部屋全体を沢山の芸術家たちが協力して芸術空間を作っています。統一感という点ではいまいちの感もありますが、このカオス的な空間もなかなか興味深いです。室内や屋外には今まで作品を中心に新作を含めていろいろ飾られていました。

Dscn6313_2
「農舞台」からは代表作の一つ「棚田」が見られます。棚田の風景と農耕作業を表現した原色のオブジェと農作業を表現した文章が重なり合い一つの世界を形作ります。のこのあたりの山の中にも沢山のアートが散在していますがあまりにも暑くてそれを見て回る気にはなりませんでした。同じ人が造った新作もあったら亥のですが時間があったらもう一度行ってみようかなぁ。

Dscn6314

駅前には、水玉模様と原色使いのオブジェがありますが、一目でわかる草間作品「花咲ける妻有」も見所の一つです。

Dscn6295
隣にあった松代郷土資料館はこの地にあった築150年前の農家を移築した物ですが、この中には新作がありました。
Dscn6297

今回のお気に入りの一つです。「京につながる越後妻有郷」でこの地の織物と京都の関係を建物の中にちりばめてあります。その一つで大広間がこんな部屋に変身していました。
Dscn6315
初日の最後は、「ドクターハウス」で、昔病院だった建物と中にあった物を使ッたインスタレーションです。ガイドブックの写真に惹かれて行って見ましたが、個人的にはいまいちでした。建物一つを利用した作品は前回いくつか廻りましたが、なかなかいいできだったのですが、病院というシチュエーションも残されていた医療機器もどちらも有効利用されていない気がしました。

二日目の様子は次回…。

« 草津音楽祭 | トップページ | 「大地の芸術祭」、つまりトリエンナーレ② »

美術館・博物館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「大地の芸術祭」、つまりトリエンナーレ①:

« 草津音楽祭 | トップページ | 「大地の芸術祭」、つまりトリエンナーレ② »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アメフらんど NEO

無料ブログはココログ