最近のトラックバック

ホームページ

« 「中国地方世界遺産の旅」、その3 | トップページ | 館林鳥見会 »

銚子へ鳥見に

銚子に海の鳥を見にやってきました。

Dscn7485

海岸の松林の中にはアオジやホオジロが居ます。よく探すとシロハラやキクイタダキの姿も見かけます。

Dscn7475
ジョウビタキの雌も出てきました。

Dscn7417
目的はこのキバラガラです。メジロやシジュウカラの群れと一緒に動き回っています。昨年末から話題になっていたのですが、どのあたりかやっと分かったので確認に来ました。昨日は見られなかったと言うことで不安でしたが、どうにか見ることは出来ました。でも、真っ正面のため黄色い体と白い頬とその下の黒い線くらいしか確認は出来ません。

Dscn7418
2枚目は後ろ姿になってしまいました。黄色っぽい腹がどうにか・・・。体か黄色いヒガラのようです。

銚子の港まで移動です。
Dscn7431
カワウ?に混ざってヒメウが一羽居ました。黒くて細い嘴が目立ちます。
Dscn7421

よく見かけるのはウミネコです。中型で足が黄色が目印です。飛ぶと尾の先に黒い黒帯が入ります。夏にも日本に残って繁殖しています。夏本州で見かけるカモメはだいたいこれです。
Dscn7422
そして、もう一つは手前のユリカモメです。小型でオレンジ色の足と嘴が目立ちます。冬羽のため頭にヘッドホンを付けたような黒い模様が入ってますが、夏は黒い頭になります。これも夏にも見られるカモメの仲間です。ちなみに後ろはセグロカモメの幼羽です。
Dscn7435
セグロカモメの成鳥です。足はピンク色、羽根は綺麗な淡青灰色になっています。尾羽根は白ですが、風切り羽根の黒がはっきり見えます。嘴にも赤い斑がはっきり入っています。
Dscn7434
セグロカモメの幼羽or第1回冬羽です。全体的に茶色いカモメは昨年生まれた幼鳥です。背中に鱗模様が残っているので幼羽に近い感じがします。足はピンク色で、嘴はまだ黒く、風切り羽根の先の黒が目立ちます。
Dscn7442
第二回冬羽のセグロカモメです。2年目のカモメで生まれた翌年の換羽で背中か青灰色になりかけています。でもまたまだ嘴の先に黒が残っています。
Dscn7453
こっちはオオセグロカモメの第一回冬羽です。体は茶色で足のピンク色と嘴の黒はセグロカモメと似ています。風切り羽根の先が濃い焦げ茶色です。嘴もセグロカモメに比べると頑丈そうです。
Dscn7447
並べてみると分かりやすいです。左が中型で足の黄色いウミネコ(成鳥)、真ん中が大型で足がピンク色で背中が淡青灰色のセグロカモメ(成鳥)、右が大型で足がピンク色で背中が濃い青灰色のオオセグロカモメ(成鳥)です。こう見るとやっぱりオオセグロカモメが一番意地悪そうです。
Dscn7459
左から、オオセグロカモメ(成鳥)、セグロカモメ(成鳥)、オオセグロカモメ(幼羽)、オオセグロカモメ(成鳥)です。
Dscn7500
どうにかがんばってシロカモメを見つけました。右がシロカモメの第一回冬羽です。全体的に白い大型のカモメでまだ茶色がすこし残っています。ちなみに左側は第一回冬羽のオオセグロカモメです。探してみたのですが、ワシカモメは見つかりませんでした。

« 「中国地方世界遺産の旅」、その3 | トップページ | 館林鳥見会 »

自然観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銚子へ鳥見に:

« 「中国地方世界遺産の旅」、その3 | トップページ | 館林鳥見会 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アメフらんど NEO

無料ブログはココログ