最近のトラックバック

ホームページ

« 沖縄、春のスミレ探し① | トップページ | 沖縄、春のスミレ探し③ »

沖縄、春のスミレ探し②

今日も雨模様です。暗いうちから鳥探しを計画していたのですが、あきらめて朝食後に出発です。今日は北部の山原方面に向かいます。

まずは、東村のヒルギ公園です。ちょっと雨は止んでいます。

7

今はシオマネキはいません。

3
河口ではイソシギやゴイサギ、カワセミなども見かけました。95
まずはオヒルギが花をつけています。葉も大きくて木も大きくなります。
92
メヒルギは実です。確か、夏の奄美大島で咲いていたのがメヒルギでしたから花期が違うようです。
91
ヤエヤマヒルギもあります。こっちはちょっとこぢんまりとしています。沖縄本島にあるのはこの三種です。

91_4

岸の歩道脇では、また違う花が咲いています。ハクサンボクのようです。
91_2
小さい花ですがキキョウランを見つけました。亜熱帯なのでランは多いはずですが、ランの仲間では無いです。
91_3

あとリュウキュウバライチゴもありました。
91_5
ついでにリュウキュウマツも撮っておきます。

雨が止んでいたのは一時で、ここからは本降りです。
2
サキシマスオウの林の頃は外にも出ませんでした。
92_2
途中で、ケラマツツジが咲いていたのでちょっと車を停めて撮影に行きました。ここは雨の中でも覚悟の上です。
1
足下の草地には、今日探す予定のリュウキュウシロスミレがありました。アリアケスミレの仲間なので道ばたの草地に生えていました。この後何カ所か確かめたのですが、他では見つかりませんでした。それほど多くは無いのかもしれません。

6
雨は止みません。仕方が無いのでヤンバルクイナを見に行きます。野生では無く、人工ふ化で帰ったキョンキョンちゃんです。公開しているのはおそらくここだけだと思います。なかなか動き回っていて写真はうまく撮れません。こんな天気の日は野生のにも会うことが多いという話で、実際に見た人がいたらしいですが、残念ながら見つかりませんでした。
1_2
ここの庭でシロバナリュウキュウコスミレを見つけました。リュウキュウシロスミレを探していたので白いスミレに反応してしまいました。

辺戸岬あたりも行ってみたのですが、雨の中なので全然海は綺麗ではありませんでした。このあたりもちょっと散策予定でしたが、あきらめました。

午後になってちょっと雨は止んできました。
2_2
サシバも雨でびしょびしょです。

ちょっと天気も回復に向かっていそうなので、比地大滝の遊歩道は歩いてみることにしました。

3_2
さすがにここの砂防ダムは魚道もあるし自然に近い風に造ってあります。そういえば、山原の側溝はみんな山側が緩い傾斜にしてありました。野生の生き物に優しい造りになっています。
8
雨の日だからでしょうか。シリケンイモリが何匹も歩いていました。本とは亀とかも見つけたかったんですがダメでした。蛙の声は聞こえていましたが、姿は見えません。
91_6
ちょっと可愛い花を見つけました。アカボシタツナミソウです。
7_2
比地大滝はなかなか大きな滝でした。雨の後なので道が滑りやすいのが難点でした。とりあえず帰りはシダに注目です。
101
沖縄と言えばやっぱりヒカゲヘゴは外せません。木生シダは熱帯って感じがします。
8_2

とりあえず殻から出てくれませんでしたが、シュリマイマイも見つけました。

10

葉の付け根がちょっと可愛いヒトツバコウモリシダです。
10_2
こっちがミドリカタヒバ。
10_3
でっかいモエジマシダです。このあたりは何となく分かりそうなシダを写真に撮ってきて図鑑で調べてみました。間違いもあるかもしれません。コシダやウラジロはたくさんあるので撮ってません。

今日の最後は、今帰仁城です。ここに来てやっと雨が上がってくれました。
31
ここはなかなか大きな城跡です。城壁の外側の住居跡があるところから眺めると全体の広さが分かります。
24
ここでは平郎門が城の入口になります。ここの門はアーチになっていません。ついでに、門の両側には狭間が設けられています。
35
城門をくぐると「七五三の階段」と呼ばれる道に続きますが、これは観光のために後でつけられた道です。その脇に本来の旧道があります。やっぱりこっちの方が好きです。
49

この城では山頂部に大庭、御内原、主郭の3つの郭が有り、これが本丸に当たる部分です。階段を上ると山頂部の大庭につきます。大庭や御内原には御獄がいくつもあります。御内原からは海が望めます。下には大隅郭の屏風状の石垣が見えています。

56
主郭は正殿があった場所で、何度も建て替えられたらしく、奥には基壇の上に礎石が並んでいますが、手前にも方形に礎石が並んでいます。3_3
主郭のさらに奥には、一段低いところに志慶真門郭があります。ここは城主に仕える人たちが住んでいた場所とされています。
88
ここの見所の一つは、ハンタ道と言われる現在の道が出来る前の、古い登城道が昔のまましっかり分かるところです。
6_2
天気が回復して鳥が動き始めました。シロガシラがさえずり始めていました。
6_3
シロハラも足下でうろうろし始めました。イソヒヨドリは雨の中でもいつもうろうろしていたのでもう見飽きてます。

ホテルでの朝食もホテルに隣接する食堂の夕食も、イマイチ沖縄っぽく無かったので、今日の夕食は地元っぽい食堂にしてみました。

3_4

手間左から、クファジューシー(炊き込みご飯)、ジーマーミ豆腐、ニガ菜の豆腐和え、イナムドゥチ(具だくさんの白味噌汁)、中段が左から、ラフティー(豚の角煮)、海ぶどう、クブイリチ-(豚肉炒め)、上段左から、たんかんゼリー、サラダ、おから煮、モズク酢になります。





« 沖縄、春のスミレ探し① | トップページ | 沖縄、春のスミレ探し③ »

自然観察」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄、春のスミレ探し②:

« 沖縄、春のスミレ探し① | トップページ | 沖縄、春のスミレ探し③ »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アメフらんど NEO

無料ブログはココログ