最近のトラックバック

ホームページ

« 群馬のスミレ⑯【おまけ】長野県 | トップページ | 群馬のスミレ⑲川場村~沼田市 »

群馬のスミレ⑰中之条町

中之条町で行われた植物観察&撮影ワークショップに参加してきました。

Dscn1433
山は新緑です。桜も咲いていて普段ならスミレにちょうどいい感じなのですが、今年はスミレの花が早く咲いています。
Dscn1441
虹の一種の環水平アークが見られました。さい先のいいスタートです。
Dscn1437
藁葺き屋根の建物も残っていていい環境です。でもタンポポは西洋ばかりです。
Dscn1534
フデリンドウも咲き出しています。廃校になった学校には、古い木造校舎もそのまま残されています。

Dscn1466
山はヤマブキが花盛りです。これが咲き乱れているとちょっとスミレの季節としては遅めです。
Dscn1470
コナラの芽吹きも綺麗です。
Dscn1522
アミガサタケに今年はよく出会います。今年はどこでも豊作のようです。
Dscn1465
タチツボスミレは今を盛りと咲いています。タチツボスミレは変異が多くて色々な名前が付いているものがあります。
Dscn1538
花の色がピンク色をしたタチツボスミレです。サクラタチツボスミレと言いますが、伐採林でたまあに見かけます。
Dscn1563
白花ですが距だけに紫色が残ったオトメスミレです。
Dscn1471
シロバナオオタチツボスミレです。タチツボスミレの白花はちょっと珍しいですが、オオタチツボスミレの白花は雪の多い地方では割に見つかります。タチツボスミレよりもオオタチツボスミレの方が花が綺麗です。普通のオオタチツボやムラカミもあったのですが省きます。
Dscn1428
県内では割に珍しいイブキスミレです。群馬県北部で時々見つかります。今年はもう終わりに近くて、腋生花が多くなっていました。しばらくすると閉鎖花ばかりになります。
Dscn1512
ツボスミレも咲き出し、もう場所によってはスミレの季節は終盤です。
Dscn1455
今回一番多かったのはアカネスミレです。花盛りの大株もたくさんありました。
Dscn1557
マルバスミレも今を盛りと咲いています。これは少し遅い時期のスミレです。
Dscn1448
アケボノスミレは葉が展開しているものがたくさんありました。花と葉が同時に出るので花が咲く頃には葉が展開していないものが多いスミレです。
Img_3157
シロバナアケボノスミレもありましたが、2年前よりはずっと数が減っていました。ここしか知らないので、無くならないことを祈ります。
Dscn1560
もうサクラスミレが咲いていました。サクラスミレは最終盤のスミレです。
Img_3161
それでも林の中ではヒナスミレが残っています。ちょっと高い所なのでフイリヒナスミレになっていますが、今年は全体的には花期が早いのですが日照による花期の差が大きく、春先の花が残っているので長い間花を楽しむことが出来ています。
Dscn1484
日影では春先に咲くエゾアオイスミレがまだ少しだけ残っていました。
Dscn1485
真っ先に咲き出すアオイスミレまで残っています。
Img_3145
ちょっと遅めのスミレも花が咲き始めています。
Dscn1501
エイザンスミレも咲いています。
Dscn1478
エイザンスミレとヒゴスミレの交雑種のヒラツカスミレが見られました。エイザンスミレの傾向が強いので花が綺麗です。
Dscn1497
遅めのフイリフモトスミレも咲いています。
Dscn1507
ついでに、アメリカスミレサイシンもありました。パピリオナケアとプリケアナの交雑がありました。
Dscn1516
フイリゲンジスミレも見つかりました。

二日間で、変種・品種・交雑・外来種を含めると、なんと35種見つけた計算になりました。案内人のお陰であることは間違いないのですが、今年は全体的に花期が長いせいもあるような気がします。

Dscn1558
最後におまけのスミレです。思わす笑ってしまいました(^_^)。







« 群馬のスミレ⑯【おまけ】長野県 | トップページ | 群馬のスミレ⑲川場村~沼田市 »

自然観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 群馬のスミレ⑰中之条町:

« 群馬のスミレ⑯【おまけ】長野県 | トップページ | 群馬のスミレ⑲川場村~沼田市 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アメフらんど NEO

無料ブログはココログ