最近のトラックバック

ホームページ

« 北アルプスからの南アルプス | トップページ | 北海道に到着 »

群馬のスミレ(28)中之条町「野反湖」

群馬県西北部の野反湖です。以前は六合村でしたが、合併して中之条町になりました。今日はほとんど霧の中でした。

Dscn2046
10日前の様子です。まだスミレの気配が無かったので景色だけ撮って帰ってきました。
Dscn2635
もしかしたら、その時も少し咲いていたのかもしれません。山の稜線なので登りませんでした。今回もうちょっと終わりかけのナエバキスミレです。前回載せたものに比べるとこっちの方が本来の環境で、より特徴がよく分かります。高山型で小型になり、茎(花茎も)が紫色になったオオバキスミレです。
Dscn2653
ミヤマスミレもありましたが、ここもあまり花付きはよくありません。これは高山付近にしか無いので、花期の遅いスミレです。
Dscn2667
タチツボスミレはちょっと下で群生してました。一部アカフタイプも混ざってます。湖畔付近はあまりまだ花数は少ないです。
Dscn2658
このあたりに来るとオオタチツボスミレもあります。なんか棲み分けてる感じで交雑は見つかりませんでした。
Dscn2657
ツボスミレは湖畔で咲き始めです。麓の方に行くとたくさん花をつけています。
Dscn2662
雪が多い所のためか、なかなか綺麗なムラサキコマノツメが見つかりました。
Dscn2654_2
フモトスミレもあります。フモトスミレは麓だけでなく上の方まであります。
Dscn2671
フイリフモトスミレは少し下の方で見つけました。

おまけです。
Dscn2632
ミツバオウレンが霧の中で咲いていたので水滴まみれです。
Dscn2641
ショウジョウバカマも咲いています。もう終わっているものも多くほとんど最後の残り花みたいです。
Dscn2649
水滴が綺麗なので撮ってみました。こういうのって難しいですね。

そろそろ、残りは高山地帯になります。このあたりで群馬のスミレも一旦ひと区切りです。

« 北アルプスからの南アルプス | トップページ | 北海道に到着 »

自然観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 群馬のスミレ(28)中之条町「野反湖」:

« 北アルプスからの南アルプス | トップページ | 北海道に到着 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アメフらんど NEO

無料ブログはココログ