最近のトラックバック

ホームページ

« 北海道「アポイ岳」 | トップページ | 北海道も最終日 »

釧路湿原へ

3日目は雨です。午後からは回復傾向に向かうようなので、雨の日プランとして釧路湿原に向かいます。

2_6
こっちに着いても霧雨です。山の中には相変わらずオオバナノエンレイソウが咲き乱れています。時々止まって様子を見ましたが、特に変わったものは見つかりませんでした。
5_7
とりあえずはニュウナイスズメがいました。
2_7
目的のタンチョウが見つかりました。この時期は越冬期では無いので鶴見台などの名所には集まっていないので、繁殖のために散らばっているのを探し出すしかありません。ちょうど餌を食べに畑に出ているのがいました。道路を歩いているのも見かけました。
7_3
羽を広げると結構筋肉質です。霧の中なのでちょっと微妙ですが、それもまたいいかな。
1_13
花付きが良いなあと思って撮っておいたら、エゾウワミズザクラのようです。気になったら撮っておかないとこっちのは別な種類だったりするので…。12
午後になって雨は止みました。霧は晴れないため釧路湿原展望台に行ってもなので、温根内ビジターセンターに行きました。ここは元鶴居軌道跡を観察道とした所で湿原内まで遊歩道が通っています。
Photo_3
とりあえず林の中には、ハシブトガラが居ました。
7_4
釧路湿原も霧の中です。遠くでタンチョウの叫び声が聞こえています。ここでは外来生物のアメリカミンクも見かけました。
5_8
ミツガシワがちょうど見頃でしょうか。エゾジカも多いはずですが、ひどい食害は無いようです。
1_15
ヒメカイウが咲いていました。ここでも開花が早いようです。
4_5
ハナタネツケバナは、霧の中ではあまり綺麗に見えません。一番花盛りの鶴居軌道跡の道が工事のため立ち入り禁止だったのがちょっと残念です。
Photo_4
エゾイソツツジも咲き始めていました。初夏の花です。
2_9
ここのはクロミノウグイスカグラで解説が載っていました。確かに毛がたくさんあります。他にもヒメシャクナゲや終わりかけのホロムイツツジ、エンコウソウ、エゾオオサクラソウ、オオバナノエンレイソウなどが咲いていました。

1_16
釧路湿原からの帰り道で、シロバナエンレイソウがありました。こう見ると花の大きさが全然違います。
1_17
気になって撮ったのがクシロワチガイソウでした。なかなか可愛い花でした。帰り道はそれほど標高が高くないのでエゾオオサクラソウなどはもう終わってしました。


« 北海道「アポイ岳」 | トップページ | 北海道も最終日 »

自然観察」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 釧路湿原へ:

« 北海道「アポイ岳」 | トップページ | 北海道も最終日 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アメフらんど NEO

無料ブログはココログ