最近のトラックバック

ホームページ

« 群馬県日帰り温泉紹介その96、座禅温泉 | トップページ | 瀬戸内アートの島②宿は「小豆島」、県外温泉38、小豆島温泉 »

瀬戸内アートの島①一日目は「豊島」

瀬戸内国際芸術祭「瀬戸内トリエンナーレ」の地、香川県に出掛けてきました。瀬戸内国際芸術祭は3年に一度開かれています。会場は、香川県の12の島を中心にそれらを繋ぐ主なフェリー港でもある高松港、玉野港になります。今年は春、夏、秋と開催していますが、今回訪れたのは夏と秋の間の時期です。

Seto1tkuko1_2
台風が接近する中、不安に思いながら家を出発しました。空港では、「着陸場所の変更や引き返す事も・・・」などと言われながらのフライトでしたが、何のことは無い、普段より少し揺れただけで無事高松空港に到着しました。

Seto1teki
高松空港からはリムジンバスで港のある高松駅まで移動します。高松駅前には海水を引き入れた池があり、クサフグなんかが泳いでいました。Seto1tfeyi1
高松港からフェリーに乗ってまずは小豆島に向かいます。
Seto1tmina1
高松港ではさっそくアート作品が飾られています。Seto1tmegi1
左手に女木島を眺めながらの出発です。手前にある灯台は高松港玉藻防波堤灯台、別名「せとしるべ」と言われる世界で初めてのガラス製の灯台です。
Seto1tyasi1

右手に見えているのは源平合戦で有名な屋島です。今では陸続きになってしまっています。

Seto2sosima1

屋島の沖には大島があり、ここもアートの会場にはなっていますが、行きません。
Seto1tmigi2_2
女木島は別名「鬼ヶ島」と言います。桃太郎で有名な鬼ヶ島です。
Seto1togi1
その隣には少し小さい男木島があります。フェリーは島の間を通る約1時間の船旅です。
Seto1ssima4
右手に小豆島が見えてきました。日本で2番目に大きい島なので全体を見る事は出来ません。大きなビルも見えます。
Seto1tesima2
左正面に豊島が見えてくるとそろそろ最初の目的地です。今日はここに行きますが、小豆島で船を乗り換えます。
Seto1stsyo2
小豆島の土庄港で一休みです。ここには月桂樹の冠をモデルにしたと思われるアート作品「太陽の贈り物」があります。
Seto1tekarato1
本州の宇野港に向かう少し小さいフェリーに乗って、やっと今日の目的地「豊島」に着きました。台風が通り過ぎたあとなのでちょっと天候は不安定で、にわか雨にやられました。
Seto1tekarato6
コンビニも無いような小さな島で、昔ながらの趣のある路地が続いています。
Seto1tetesimu3
港からはアート巡りバスもありますが、乗り切れなかったため歩いて「豊島美術館」に行きました。道からは特徴的な白いドームが二つ見えています。島にはレンタサイクル(電動付きもあり)などもありみんなそれを使って島内を廻っているようです。
Seto1tetesimu2
ここは入場制限があるので団体でも一度には入れません。撮影も禁止です。なので絵はがきからの流用です。ここは、島の湧水が地面から少しずつ湧きだし、天井にはポッカリと丸い穴が空いています。今日は雨のあとなので雨粒と湧水が水たまりを作っていました。
Seto1tetesimu3_3
カフェも似たような造りです。こっちは撮影可です。

この島には「心臓音のアーカイブ」という有名な作品がもう一つありますが、微妙に時間が無くて行く事が出来ませんでした。

« 群馬県日帰り温泉紹介その96、座禅温泉 | トップページ | 瀬戸内アートの島②宿は「小豆島」、県外温泉38、小豆島温泉 »

旅行」カテゴリの記事

美術館・博物館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 瀬戸内アートの島①一日目は「豊島」:

« 群馬県日帰り温泉紹介その96、座禅温泉 | トップページ | 瀬戸内アートの島②宿は「小豆島」、県外温泉38、小豆島温泉 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アメフらんど NEO

無料ブログはココログ