最近のトラックバック

ホームページ

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

アカハジロ、カイツブリ

都内まで、出張してきました。

Dscn9679_3
ちょっと話題のアカハジロ(♂)です。すぐに分かりましたがほとんど寝てます。この格好のままずりずり動いたりしてます。
Dscn9606_2
時々顔を上げたり羽ばたいたりするのでそこがシャッターチャンスです。とはいっても、おそらくホシハジロとのハイブリッドだろうと言う事なのですが、違いはよく分かりません。目の色が白くないとか、頭が赤っぽいとか、脇腹の羽根に鱗模様があるとかがポイントらしいですが・・・。その話が出たためにカメラマンはほとんどいなくなりました。本来のアカハジロもなかなか見られない鳥なので、素人的には「なんだかなぁ」ですね。
Dscn9628
こっちが、その片親にあたるホシハジロ(♂)です。
Dscn9630
キンクロハジロ(♂)もいます。

Dscn9636
それよりもこっちの方が大人気でした。カイツブリの親子です。こんな早い時期に子育てしているのにはピックリです。小さな雛が4羽いて親の後を必死に追いかけたり、餌をせがんだりなかなか可愛いです。
Dscn9662
そして、なんと言っても可愛いのは背中に雛を乗せていることです。乗せていると言うよりは雛が無理矢理乗っかっている感じですが、4羽乗せているときはさすがに重そうでした。
Dscn9670
一羽だけですがきれいなヨシガモ(♂)もいました。
Dscn9621
カルガモやマガモやコガモの中に、地味なオカヨシガモもいます。
Dscn9619
バンも手前を必死に泳いでたりします。カワセミ狙いの人もいましたが、人が多いためか対岸を飛んでいました。
Dscn9624
ついでにゴイサギです。こっちは大人です。
Dscn9683
そして、こっちがゴイサギの幼鳥です。羽根の星模様からホシゴイとも呼ばれています。

セツブンソウ

栃木のセツブンソウ自生地まで出掛けてみました。

Dscn7998
春先の花と言えば、やっぱりセツブンソウです。有料のところがきれいに咲いているとは思うのですが、この辺りはよく探すとぽつりぽつりと出でいます。
Dscn8000
自生地は少ないのですが、どちらかというと群生する事が多いので固まって生えています。埼玉の自生地よりはこっちの方が沢山あります。あいだの群馬にもあるらしいのですが、まだ見つけ出してはいません。

ヤツガシラ

館林方面に出掛けてみたら、ヤツガシラが来ていると話題になっていたので、さっそくそっちに向かいました。

Dscn9467
ちょっと逆光ですが、柵の上に乗っています。時々群馬にも来ていると話題にはなるのですが、なかなか出掛けても見られなかったのですが、今回はラッキーでした。
Dscn9473
ほとんどは、見にくい所にいて餌を食べているので、なかなか大変です。タイミングが良いと水辺で餌をつついているらしいのですが・・・。
Dscn9489
こんなビニールハウスの隙間にいる事がほとんどで、なかなか良い写真には成りません。ついでに頭の飾り羽根も開いてくれませんでした。
Dscn9498
田舎の細い道にこんなに人が集まってきています。普段ガラガラの駐車場も車で一杯です。
Dscn9507
近くではアトリが水浴びをしていました。スズメとカワラヒワが混ざってます。ここも運が良いとヤツガシラが来るらしく、カメラマンが待ち構えていました。
Dscn9522
水辺にはバンもいました。今年は餌をやらなくなったためにハクチョウはいません。

場所を変えて、渡良瀬遊水池までまたコミミズクを見に来ました。

Dscn9525
ちょっと場所は移動していますが、ここもたくさんの人出です。
Dscn9533
菜の花の中にたたずむコミミズクです。
Dscn9544
前回は撮れなかった飛んでいる所を狙ってみました。
Dscn9545
近くを飛んでくれたので見やすかったです。
Dscn9557
最後は真正面。

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アメフらんど NEO

無料ブログはココログ