最近のトラックバック

ホームページ

« 九州へ② | トップページ | 冬の北海道② 県外47紋別温泉 »

冬の北海道① 県外46網走温泉

今年最初の旅行です。今回は少しだけゆっくりの出発です。
Dscn2218
羽田を10時すぎに出発して、目的地が近づいてきました。よく見るとガリンコ号Ⅱが出航してます。
Dscn2220
一日一便の小さな空港です。飛行機への乗り降りは徒歩です。まるで離島の空港のよう。
Dscn2231
バスで移動中なので写真撮影は難しいですが、一応証拠写真程度にオオワシが撮れました。足跡は鹿、兎、狐らしきのか沢山ついてましたが本人は見られません。
Dscn2246_3
最初の立寄場所は雪景色のメルヘンの丘です。北海道らしい風景だそうですが、バスの外はずっとそんな風景でした。冬なのでなおさらどこも同じですから、なんだかなぁ・・・。
Dscn2254
少し小高いところからは世界遺産の地がうっすら見えます。この後、展望台へ行きましたがもう見えなくなっていました。
Dscn2247
次の立寄地は天都山にあるオホーツク流氷館です。流氷の解説や展示があります。今回は屋上からの展望を楽しみます。
Dscn2253
パノラマ写真(ほぼ360°くらい)を撮ってみました。
Dscn2254_2
オホーツク海です。二日前には流氷が見えたらしいのですが、今日は暖かくて南からの風なので今は見えなくなってます。
Dscn2257
全面結氷の網走湖です。
Dscn2256_2
網走の町です。奥にはレンガ塀に囲まれた網走刑務所も見えます。
Dscn2277
有名な観光名所になっている網走刑務所です。今まで何度が通りましたが寄ることはありませんでした。現在の刑務所は町中にありますが、建て替えるときに古い建物を町外れに移築した博物館になっていてます。
Dscn2279
煉瓦塀の入口を入ると庁舎があります。ここは網走をはじめとした当時の監獄の資料館になっています。
Dscn2313
少し高台には舎房があります。五翼放射状平屋舎房で、入口を入ると真ん中にある見張り台から五方向に舎房が伸びています。
Dscn2328
それぞれの舎房には左右に独房が並んでいます。

Dscn2353
ホテルは湖畔の高台に建つ天都の宿網走観光ホテルです。外観とは違い客室は和風な造りでした。

Dscn2346
夕食は毛ガニ付き、おまけに飲み放題!です。
温泉は、無味無臭のアルカリ性単純泉です。残念ながら、加水・加温・循環・塩素消毒の四拍子そろった温泉ですorz。

« 九州へ② | トップページ | 冬の北海道② 県外47紋別温泉 »

温泉」カテゴリの記事

自然観察」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の北海道① 県外46網走温泉:

« 九州へ② | トップページ | 冬の北海道② 県外47紋別温泉 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アメフらんど NEO

無料ブログはココログ