最近のトラックバック

ホームページ

« 2019年3月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年7月

夏の西表島⑦

嵐の一夜が過ぎ、朝は風が強い物の雨は止んでました。

Dscn4839

宿は沖縄のカプセルホテルです。カプセルと言うよりは個室に近く都内のより清潔感があります。

Dscn4842 

ベッドスペースも広くてテレビも大型です。きちんと貴重品ボックスなどもあり、大浴場もあったので昨日は久しぶりに湯船につかりました。

Dscn4844 

空港は曇っているものの飛行機は飛んでいます。おかげで、無事一日遅れで帰ることが出来ました。

Dscn4846

ちょっとだけ買い物もしてきました。

今回の初めての夏の西表島は、夜の動物観察は予定に入っていたとして、初LCC、初パトカー送迎、初飛行機欠航&乗換&追加の一泊、等々と様々な体験が出来てなかなか有意義な旅になりました。

夏の西表島⑥

朝早くから宿に連絡が入りました。台風のため朝1便だけフェリーが運航されると・・・。急いで出発準備をしていると2便までは出るとのことで少しだけ余裕が出たので、朝食を食べることが出来ました。

6_20190729221601

結局、魚と野菜中心の健康的な美味しい食事でした。昔の沖縄が長寿だったのは分かるような気がします。

6_20190729221801 

フェリー乗り場は静かです。船は屋根を外すのに大わらわで、まだ我々の乗る船はやって来ていません。

2_20190729221801

ボーッとしているとコアシダカグモが姿を現しました。

Dscn4812

来るときとは違い大型のフェリーでした。西表からの船は珊瑚礁の海域を通るのでそれほど揺れなかったのですが、それでも外洋が近くなるとなかなかの揺れです。

Dscn4818 

石垣のフェリー乗り場は人がいません。こっちの人にとっては慣れたものなのでしょう。

Dscn4819 

朝の二便は動きましたが、その後は欠航です。

Dscn4816 

アチャー!。台風直撃のため、飛行機が欠航!。最後の船で石垣まで来たのに・・・。飛行機のチケット売り場は、振替や早帰りのために大混雑です。さて、どうしよう。

Dscn4817 

LCCの窓口は人があまりいません。帰りのバニラの対応は夕方の5時からだそうで対応もしていません。LCCは便数ないし対応も少な いからこういうとき大変です。結局、別会社に換え正規料金で明日帰ることになりました。相当割高です。

12

石垣市に戻り、まずは今日泊まる宿を探しました。そして、時間つぶしに八重山博物館を見たり、お土産を探しにユーグレナモールへ行ったりしました。

Dscn4838

急遽取った宿から見ると今は静かそうですが、またすぐに大荒れなります。

67684361_2339300503053505_90149087725769

ここは台風さなかの730交差点です。台風がひどくなってきましたが、そんな中居酒屋でうちあげで盛り上がってます。

66833177_2339300549720167_43051076622462
アダンの天ぷら。とても優しい味です。沖縄の郷土料理は体にやさしいものが多い!。

夏の西表島⑤

最後の夜の観察です。

4_20190729181101

今日は朝から雨が何度か降っているので、色々な生き物が出てくるのでは無いかと期待しています。

4_20190729181102

出ました!、セマルハコガメです。光を当てるとちょっとびっくりして動かなくなったのでゆっくり写真が撮れました。

1_20190729181401

こっちはちょっとタイミングが遅く、半分逃げられて頭が隠れてしまいましたが、サキシママダラです。怖いけど会いたかったサキシマハブは結局現れませんでした。

Photo_20190729181101

道路脇の水たまりにあるアナから姿を現したのは、テナガエビの仲間です。

9

宿の壁にはちょくちょくホオグロヤモリが現れます。窓に張り付いたり部屋の中に入り込んだりもしています。

3_20190729181201

山の中ではミナミヤモリがいました。姿は似てるけどこっちは人里にはいません。

 Photo_20190729181201

山道の真ん中であまり逃げずにいるのはカニです。真っ赤な色をしているのはベンケイガニです。

Photo_20190729181103

少し黒っぽい色のはクロベンケイガニ。

 15_20190729181101

昼間はオタマジャクシを見かけましたが、夜はリュウキュウカジカガエルの成体も見かけました。

15

よく見かけたのはサキシマヌマガエルです。背中に筋のある個体もいますが写真のはほとんど筋の無い個体です。

Photo_20190729181102

クマゼミが弱って落ちてきました。リュウキュウコノハズクは出てきたものの写真に撮ることは出来ず、ヤエヤマオオコウモリは声は聞こえる物の姿は見えずでした。

夏の西表島④

今日のメインは浦内川です。まずは河口から観光船に乗り上流向かいます。

その後、上流の船着き場から歩いてマリュドゥの滝とカンビレーの滝を廻ります。

Dscn4614 

浦内川の遊覧船です。河口の船着き場からオヒルギやメヒルギのマングローブ林が続いています。途中でマングローブ林の説明や代表的な植物の解説などがあります。
Dscn4613 

船着き場でも植物の観察ができます。膝根が目立つオヒルギは赤い花をつけます。汽水域にある高いマングローブの木はほとんどがこれです。

3_20190729172001

背が低く白い花をつけているのがメヒルギです。

Dscn4625

遊覧船から見たマングローブ林です。でも今は満潮なのでほとんど水につかっています。ちょっと雲行きが怪しくなってきました。少し雨に降られましたが船着き場に着く頃には無事やんでくれました。

Dscn4664

登山道の途中にあるマリュドゥの滝です。近くからも見られますが、展望台から見た滝の方が良い感じです。ちなみにマリュドゥとは「丸い淀み」と言う意味だそうです。

Dscn4685

マリュドゥの滝の上流にあるカンピレーの滝は滑滝です。カンピレーは「神の座」の意味です。

Dscn4681

なんか金属製のようにも見えるヤエヤママルヤスデです。雨の後なので生き物がたくさんいました。

Dscn4654

サキシマキノボリトカゲも昨日よりたくさんで出来ました。緑色のがいたり、小っちゃいのがいたりしました。

Dscn4702

本州のトカゲと同じように青いしっぽをしたイシガキトカゲの子供です。大人(成体)のイシガキトカゲはなかなか見つからないそうです。

Dscn4682

琉球政府時代の道標がありました。今でも数カ所に残っているそうです。

2_20190729174001

シダは色々あったのですが、花は少なめでしたので一つだけ載せます。滝の岩場にあったオオシラタマホシクサです。

Dscn4729

お昼は猪ソバを食べました。八重山ソバですが、上に乗っているのはリュウキュウイノシシの肉です。

6_20190729174601

午後は島の端まで行ってみました。ヤエヤマヒルギが並んで生えていました。

1_20190729174601

根元あたりには、トントンミーことミナミトビハゼがいます。

5_20190729174601    

そして、オキナワハクセンシオマネキが大きなはさみを振っています。

5_20190729174602

大きな葉が目立つテリハボクがたくさん花をつけていました。

5

ついでにモモタマナが目立たない花を咲かせています。

6

最後にピナイサーラの滝を遠くから眺めました。カヌーで近づくしか無いようですが、観光客でも行けるようにはなっているそうなので是非ここには行きたいと思っています。

 

イリオモテヤマネコか見られるらしい野生動物保護センターによる予定でしたが、残念ながら時間が遅くなり閉まっていました。これも次回の楽しみに取っておきます。板根で有名な古見のサキシマスオウの群落にも寄ってみましたが、25年ほど前に来たときには近くに近づけたのですが、今は木道の上から見るようになってしまいました。ちょっと残念です。

 

夏の西表島➂

今日は朝から天気が不安定で、早朝からスコールのような雨に降られてしまいました。

1_20190729164101

こっちでは朝明るくなるのは6時頃です。朝食の時間まで朝の鳥見に出掛けました。

Dscn1848

とりあえずはこれだけは見ないとと思っていたカンムリワシです。サトウキビ畑が広がる中の電柱の上が好きみたいです。

 Dscn1856

そして昨日ははっきりと区別できなかったのですが、朝はしっかり確認しました。沖縄本島では苦労したリュウキュウツバメは、西表ではたくさんいてほとんどこれでした。

 Dscn1852

そしてたくさん見かけるけどなかなか写真に撮れないでいたシロハラクイナです。おそらく子育て中みたいな群れがいました。

  Dscn1841

見られないと思っていたチュウダイズアカアオバトの七羽ほどの群れを見つけました。

  Dscn1831

こっちのキジバトはちょっと赤みの強いタイプのリュウキュウキジバトです。とは言ってもそれほど違いは感じません。

Dscn1826

こっちのヒヨドリは、ちょっと黒くて小柄なイシガキヒヨドリです。本土のヒヨドリより鳴き声とか可愛く感じます。

Dscn1819

こっちのカラスはちょっと可愛げのあるオサハシブトガラスでした。小柄で鳴き声も可愛いカラスで石垣島でもそこら中にいました。

1_20190729164102

 朝の鳥見が約1時間ちょっとでした。島豆腐の味噌汁・パパイヤいりち・焼き島魚・パイナップルと、今日の朝食も健康的です。

夏の西表島②

朝から大変でした。荷物の整理をしていたら、「あれ、免許証が無い・・・落とした!」。急いで警察に連絡すると、届いていると言うことで、急いで書類を書いたりしながら、すぐに受け取ることが出来て事なきを得ました。おかげで石垣からの出発が予定より遅くなってしまいました。

4

石垣港離島ターミナルには具志堅さんの銅像もあります。西表島に渡る船が着きましたが、思ったより小さい!。

25

途中で新城島に立ち寄り、西表島が近づいてきました。あとで聞いた話によると、新城島でお祭りがあるため特別に立ち寄ったのだそうです。知る人ぞ知る秘祭で、島民でさえ、祭礼の時には限られた者しか入ることを許されず、鳥居の奥に何があるか、中で何が行われるのか、決して語ってはならないのだそうです。当然、観光客や取材も拒否されます。
Dscn1760
珊瑚礁海域では、アジサシ類などが飛んでましたがなかなかしっかり見ることができませんでした。船から桟橋にいるのをどうにか撮影できました。ほとんど白く見えたのですが、写真だと頭部の黒斑が分かりました。エリグロアジサシのようです。

とりあえずは、予約した宿に荷物を置き、レンタカーの手続きをして、野外観察に出掛けます。まずは林道に向かいます。 

1_20190729155001  

シダや樹木が色々あるのですが、そっちはあとでHPにて紹介します。まずは目立った植物からと言うことで、フトホナガボソウです。

2_20190729154601

亜熱帯なので珍しい蘭も色々ありそうなのですが、今回はこのナリヤランだけでした。

2_20190729154603

小っちゃな陸生貝のアオミオカタニシがいました。セマルハコガメもいましたがあっという間に隠れてしまいました。

1_20190729154601

きれいなナナホシギンカメムシもいました。とても暑くて乾燥気味だったため、あまり動物たちは行動的ではありません。

2_20190729154602

トンボ類は自信が無いのですが、おそらくヒメホソサナエではないかと思います。

Dscn1772

今回はヘビ類・トカゲ類・カエル類を楽しみにしていました。昼に見つけたのはサキシマキノボリトカゲだけで、カエルはオタマジャクシだけでした。

Dscn1781 

腰が黒っぽいのでリュウキュウツバメだとおもうのですが、はっきり分かりませんでした。電線にはよく止まっていました。飛んでいるアマツバメも見つけましたが写真は撮れませんでした。

続いて、海岸に出てみます。

1_20190729160901

ちょうど引き潮で干潟が顔を出しています。海岸にはマングローブの仲間が生えています。

1_20190729161001

この辺りはほぼ海水域なので、主な種類はヤエヤマヒルギでした。幹の途中から地面に向かって支柱根が出るのが特徴です。花も咲いていました。

3_20190729154601

丸い葉でちょっと変わった花をつけているのはハマザクロ・・・別名マヤプシキです。花は初めて見ましたが変わった花です。

Photo_20190729154601

平べったく生えているのはヒルギダマシです。細い筍根を出します。

Dscn1782

実はついたとたんにリュウキュウアカショウビンがいました。海岸で見られるとは思っていませんでした。ヤエヤマヒルギの支柱根に暫くとまっていましたが、林の方に飛んで行ってしまいました。ここで昼間の観察は時間切れ。

4_20190729154601

一旦宿に戻り、一休みしてから夕食を食べました。地魚の塩煮と沖縄っぽい食事です。

Dscn1792 

まずは、夜に咲くゴバンノアシを見に行きます。ちょうど咲き始めたところでした。

Dscn1794

ガリバナも咲いてました。ツアーが組まれるほど人気のある花ですが、こっちではちょっとした水辺にはよくある植物でとても珍しいというわけでは無いようです。

Dscn1799

夜の観察ではトノサマガエルに似たサキシマヌマガエルが見られました。ヤエヤマハラブチガエルの鳴き声はよく聞こえていましたが、姿は見られません。ついでに、怖い物見たさのサキシマハブは出ませんでした。

夏の西表島①

雨続きの関東から逃げます。 成田空港の第3ターミナルはなかなか凄いです。LCC専用ターミナルのためか色々な作りもコストをかけていません。当然ながら外国人がほとんど。

33

ちょっと不安だけど初バニラ(LCC)です。手続きは遅いし、荷物検査は窓口とは別なのでOKになるまで時間がかかるし、チケットの選択を誤り荷物料で4000取られるし、なんだかなぁもありましたが、まあ、いい経験と言うことで・・・。

Dscn4435

 目的地がつくにつれて天気は良くなってきました。沖縄あたりはよく見え、宮古島を通過しました。

Dscn4447

石垣空港に来ました。久々のピーカンで暑い。まずは、バスで石垣港のある石垣市街地へ向かいます。

Dscn4450

石垣市街地に到着です。まずは八重山ソバで腹ごしらえをしました。

郊外を散策しながら軽く自然観察です。ちょっと沖縄の植物になれておかないと明日からが大変なので。

Dscn1750

とりあえずは白いクロサギが海岸沿いにいました。

3

庭先にはハイビスカスと並んで、フウリンブッソウゲがたくさんあります。他にもサンタンカなどが目立ちます。

1

花が目立つのはギンネム(ギンゴウカン)です。他は実になっているのが多かったのでまたあとで探します。

2

 リュウキュウボタンヅルは花盛りでした。本州の植物とはまったく違うのでほとんど分からない。

Dscn4488

オキナワスズメウリの可愛い実を見つけました。初めての夏のオキナワなので珍しいものばかりです。

Dscn4490

ついてにやっと花を見つけたゲットウです。ぶっとくて足の短いトカゲ(キシノウエトカゲ)を見つけましたが、メインは明日からです。

Dscn4491

最後に今日の宿はここです。素泊まりで安くすませました。仲間と近くの居酒屋でアダンチャンプルーとか島豆腐とかグルクンから揚げとかの沖縄料理&酒三昧です。明日は朝早く船で島に渡ります。  

« 2019年3月 | トップページ | 2019年11月 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アメフらんど NEO

無料ブログはココログ