最近のトラックバック

ホームページ

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

「カニ食べ行こう♬、牡蠣食べ行こう♬」③

  北海道最終日。
Photo_20200327215502

今日は釧路市内です。まずは冬の名所の鶴見台。
Photo_20200327215501

言わずと知れたタンチョウの餌付け場所です。沢山いますが、ちょっとありがたみはないかも。個人的には夏の方が好きです。
P1291069

そして釧路湿原展望台へ。今回は徹底して無料観光地です。大型バスのよれる場所は北斗展望台で何も施設はありませんし、湿原までも遠い。
P1291073

最後の食事は和商市場です。

P1291077

一般市民が気軽に立ち寄れる市場で沖縄の牧志公設市場と似た感じです。
P1291080

かの有名な有名な勝手丼です。
P1291079

御飯に具材を選んで載せて勝手に海鮮丼を作ります。今回は普通盛の御飯に1500円分の具材でした。カニとアブラボウズとクジラと諸々載せて作りました。写真は撮り忘れ()。

P1291081

無事釧路を飛び立ちました。夜には釧路に大雪警報が出でいたので一足遅れれば危なかったかもです。

「カニ食べ行こう♬、牡蠣食べ行こう♬」②

今日から本格的な観光です。牡蠣食べに、摩周から厚岸へ行きます。
昨日は、ツアー客の一人がバスに乗り間違って他のホテル(阿寒)へ行くというトラブルがありましたが、今日は好天の中無事に巡りました。
P1280966

泊まったホテルは食事の美味しいホテルに選ばれているとかで、朝食は美味しくちょっと食べすぎ?。
P1280996

午前は摩周湖まで移動。雲一つ無い天気でとっても綺麗に見えています。今年はいいことあるかな
P1281024

午後は厚岸に移動。厚岸湾は綺麗ですが、ちょっと逆光です。移動途中でキタキツネ。タンチョウ、オジロワシなどは見つけました。
P1281030

ここも美味しいことで有名な道の駅です。
P1281022

厚岸ブランド牡蠣御膳です。二種類の生牡蠣・牡蠣フライ・牡蠣釜飯の食べ比べです。焼き牡蠣は無くなったみたい。量も質も良かった。
P1281043

最後は根室花咲線に乗車です。一両編成のディーゼル車両がやってきました。
厚岸湾を出発し、川に沿って上っていきます。湿源の中を通ります。途中でオオワシはいましたが・・・写真は撮れず、帰りにのエゾジカも撮影失敗。

今日の夕食は付いていないので、ホテルで聞いた近くの居酒屋へ。
P1281056

ビルの一階に入っている小さな居酒屋でした。
P1281051

釧路の地酒「福司」の生酒を頼み、お通しが出て来ました。これも美味しかった。
P1281052

サラダと、北海道名物のジンギスカン。
P1281053

地魚を中心にお刺身の盛り合わせを頼みました。右はギンガレイ、左はシマゾイだそうです。
P1281057

帰りながら、夕日の名所「弊舞橋」の夜景をパチリ。

 

「カニ食べ行こう♬、牡蠣食べ行こう♬」①

 

 

申し込んであったので、腰痛を押して釧路へやってきました。
P1270930 

関東は雪、関西は大荒れの中、のんびり出発して好天の釧路に着きました。
P1270935

今日立ち寄ったのは、「釧路MOO市場」です。聞き覚えないけどと思ったら元「釧路フィッシャーマンズワーフ」でした。一時流行ってましたが、来ないうちに経営不振で名前変わったらしいです。
P1270948

釧路川に綺麗な夕日が沈みます。あまり寒くない北海道です。さっき立ち寄ったところのすぐ近くです。
 P1270956

夕食は「カニ会席御膳」です。街中の割烹まで歩いて行きました。まずは、茹で花咲ガニと焼きズワイガニと、別注文の地元の日本酒。
 P1270958

続いて、カニクリームコロッケ(一個食べちゃったけど)とカニの炊き込み御飯と花咲ガニ味噌汁。( )、いまいち・・・。
P1270964

ちょっと物足らなかったので、ホテルで無料の夜鳴きそばを。これがなかなかうまかった。
P1270947

ちなみにホテルは「ラピスタ釧路川」・ドーミイン系なので天然温泉「弊舞の湯」付きです。比較的新しいホテルのようで、エレベーターや風呂もルームキーが必要です。温泉は「カルシウム・ナトリウムー塩化物泉」で以前の分類では鉱泉です。最上階にあり内風呂と露天風呂はありますが、当然ですが加水・加温・循環・消毒です。

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アメフらんど NEO

無料ブログはココログ