最近のトラックバック

ホームページ

自然観察

谷川岳へ向かって・・・

相変わらず暑い日が続いています。まあ、こんな中でも高校野球の予選は予定通り進んでいますが・・・。まだ冷房の調整がうまくつかずに、朝方暑かったり涼しかったりで目が覚めてしまいます。そのままの勢いで行ってみました。

谷川岳は良い天気です。森林限界を超えた稜線では熱中症も出てるようなので、ちょっと寝不足の軟弱者は早めに諦めます。
Dscn9434_2
リフトを降りた高原(スキー場)は花盛りでした。エゾハルゼミから季節は、エゾゼミ&ヒグラシに移っています。
Dscn9447_2

黄色い花はキオンです。
P7191873_2
うす赤色はヨツバヒヨドリです。
P7191859_2
赤い花はシモツケソウです。後ろはヤマブキショウマ、ミヤマハナウド、オニシモツケ、ニッコウキスゲなどです。
P7191867_2

地味ーズです。ちっちゃすぎてほとんど気づかれないクロバナヒキオコシです。たくさん咲いた花序は目立つんですけどね。
P7191860_2
モウセンゴケも花盛りです。コケは花が咲かないと思われてたりしますが、苔の仲間ではないので・・・。
P7191882_2
赤い実があると気がつく人もいますが、花の時期は見逃されがちなアカミノイヌツゲです。
P7191880_2
ビックリ!、もう咲いてますアリドオシラン。よく見るときれいな花ですが、個人的なイメージは「からムーチョのお婆さん」です。
P7191893_5
こっちはツルアリドオシ。2個ずつ咲いて赤い実も2個ずつなります。
P7191884_2
目立たないツツジ科のアクシバです。なかなか花付きのいい株がなくて・・・。蕾の方が印象強いです。
P7191887_2
6.雨が降っていないのでそこら中で節水中の看板があります。川の水量もとても少ないです。
Dscn9483_3
最後のシメは、超ローカルスイーツ「大とろ牛乳」です。冷えたとろとろの牛乳?を太いストローで吸います。冷たくてさっぱり、後味も最高です。
Dscn9488_2


今年も尾瀬に

今年最初の尾瀬です。少しは雷雨がおさまったかと思って出かけましたが、失敗しました。涼しかったのは良いのだけけれど・・。
今回は昨年に引き続き至仏山にしました。鳩待峠からの往復です。Dscn9336
鳩待峠の駐車場だった所は木が植えられていましたが失敗し、今はアズマナルコスゲの群落になっていました。種播いたのかなぁ。
Dscn9335
オヤマ沢田代辺りから尾瀬ヶ原が見えました。でも山の上は雲の中です。
P7131642
小至仏あたりから至仏山の山頂付近はずっと霧でした。おまけに新潟からの風が吹き付けていたので、途中で止めました。Dscn9328
クルマユリが咲いています。手前の岩場にはマルバシモツケが花盛りです。この辺りはまだ霧に巻かれてない。
P7131705
コバイケイソウは今が見頃でしょうか。ニッコウキスゲは目立ちません。ワタスゲはそろそろ終わりで、天候が悪いのでタテヤマリンドウは開いてません。
P7131641
いつもの雪渓が残るあたりはオゼソウの群落になってました。知らない人はだいたい気づきません。
Dscn9289
もう一つ至仏の代表種、ホソバヒナウスユキソウ。でも今日はほとんど注目されてませんでした。
Dscn9295
ジョウシュウアズマギクはまだ咲き始めのようでした。
P7131731
ジョウエツキバナノコマノツメはもうほとんど終わり。おまけに霧と風の中なので・・・。
P7131762
オオバツツジは咲き始めです。
P7131765
ほとんど終わりかけのハクサンチドリです。
P7131723
こっちもほぼ終わりのイワカガミです。
P7131724
鳩待峠の駐車場はツアーバスが超満車状態です。尾瀬ヶ原に下りなかったのは正解かも知れません。

Dscn9337



野反湖観察会

調査と観察会で二日間、野反湖に出掛けてきました。Dscn8397
観察会では八間山に登ります。参加者は十数人です。
Dscn8376

ムラサキヤシオが花盛りでした。トウゴクミツバツツジやコヨウラクツツジなども咲いています。そろそろレンゲツツジも咲きそうでした。
Dscn8378
アズマシャクナゲも花盛りです。
Dscn8365_2
ミヤマスミレもまだ残っています。そのほかタチツボスミレツボスミレ、オオタチツボスミレ、ナエバキスミレなども咲いていました。
Dscn8413
フモトスミレが一番良い感じです。
Dscn8363

植栽地のシラネアオイは少し遅めでしたが、まだまだ花盛りでした。野生のシラネアオイもあります。ここの種を持って行って増やしたのが植栽されているものだそうです。
Dscn8405
ズミはまだでしたが、エゾノコリンゴが咲いていました。
Dscn8385
コメツガの花も探しました。右が雌花、左が雄花です。
Dscn8387
川の中にはハコネサンショウウオがいます。

Dscn8395
ちなみに、今回泊まったのは「くじら屋」です。家から日帰りできる距離ですが、ここは一度泊まりたかったところなので今回利用させていただきました。アットホームなペンションです。

長野へ季節はずれのキノコ狩り

二日間、春のキノコ狩りに出掛けてきました。
Dscn8301
一日目の出だしは朝の大雨で心配しましたが、午後からは天気が回復。二日目は絶好の天気です。帰りにはこんな感じに回復しました。左が八ヶ岳、右が南アルプス、真ん中が富士山です。
Dscn8274
今回の目的はホンシメジです。秋がメインですがここのは春も出ます。ちょっと育ちすぎでしたがたっぷり取れました。
Dscn8294
古い民家が残る古民家体験施設(廃村になった村)で食べて飲んでの大騒ぎ?です。Dscn8297
昔ながらの囲炉裏の残る古民家に泊まります。電気は通っていますが、燃料は薪で水道は川の水を引いています。お風呂も薪です。
Dscn8284
メインはホンシメジの炊き込みご飯とホンシメジ&買ったキノコなど色々入ったきのこ汁です。
Dscn8289
朝食は昨日の残りのホンシメジを炒めたあとで、
Dscn8290
オムレツにします。
Dscn8304
帰りにちゃたま&プリンを購入しました。

行きと帰りではスミレを探してみました。標高の低いところはほぼ終わってますが、少し高いところだとまだスミレは楽しめます。また白いスミレばかりだ・・・。
P5201029
シロスミレが咲き出しました。
Dscn8267

かろうじて咲いていたタデスミレ。
P5191012
ほぼ終わりのエゾノタチツボスミレ。
Dscn8276
最後の残り花しかなかったヒメアギスミレ。...

今年2度目の新潟

先週出掛けたときにあまりにも雪が少なそうだったので、いつものところがそろそろ咲いているのではと思い行ってみました。
Photo_32
今年は大雪で3月に降らなかったため雪解けは早かったそうですが、まだこんな感じです。雪で通行止めもあり、止山で入りにくいところがたくさんあります。
Photo_33
雪解けしたところでは、カタクリやキクザキイチゲ、それにオオバキスミレが花盛りです。
Photo_34
危なかった、もう少しでマムシを踏みつけるところでした。近くにアオダイショウもいました。雪どけ後はひなたぼっこをしていることが多いので要注意です。
1_2
色のいいキクザキイチゲがたくさんあります。...
Photo_35
沢沿いじゃないとなかなか見つからないアズマシロカネソウ。
Photo_36
あまり目立たない雪国のマルバマンサクです。
Photo_37
こっちはエチゴキジムシロ。ビロードツリアブのおまけ付きです。
Photo_40
コシノチャルメルソウの花のアップです。
Photo_41
オオイワカガミは崩れやすいところの上にあるので、なかなか撮りにくいところが多いです。

Photo_42
ほぼ10年ぶりぐらいのご対面です。ナガハシスミレの高山型っぽい感じのアワガタケスミレです。ちょっと遅かったので花の状態は微妙です。
1_3
こっちは普通のナガハシスミレです。
1_4
もう一つはオオバキスミレです。思ったよりも下の方が花盛りでした。
2_2
こういう場所にはなかなか咲いてくれません。...
Photo_43
写真だと分かりにくいですが、色んなスミレがほぼ一斉に咲き出します。雪国はこんな状況なので交雑が起こらない方が不思議です。
Photo_44
アリアケスミレとスミレがあれば、ハリマスミレはいい割合で現れます。
1_5
最後は白花のスミレサイシンです。

いつもの中之条観察会

今日は観察会に参加してきました。一年に一度だけこの時に会う方々が沢山います。Photo
最初の観察場所はゴルフ場でした。みんなで寝そべって撮影中です。Photo_2
目的は一面の白いお花畑です。刈り込まれるためにあまり伸びきれないツボスミレでした。

2
道路脇にも、白い花畑がありました。こっちはオトメスミレです。Photo_4
まだ4月中なのに今年は開花が異常に早いです。今年初のサクラスミレでした。
Photo_5
もう終わりかけのくたくたに疲れたヒゴスミレです。普段なら一番いい季節の頃ですが。
Photo_6
距まで白いシロバナタチツボスミレ。
Photo_7
距だけ紫色のオトメスミレ。...
Photo_8
ツボスミレの中で、紫条がなくて真っ白のシラユキスミレ。
1
結論の出せなかった白花。オオタチツボスミレっぽいけど葉が違う感じでムラカミタチツボスミレの白花ではないかという感じがする。それにしても、今年は白いスミレが沢山あります。

ここからは交雑種を中心に・・・。
Photo_9
なかなか微妙な交雑種。エイザンスミレにしては丸顔で頬を赤く染めているヒラツカスミレ。
Photo_10
切れ込みの深い複葉と単葉の特徴的な葉のタナオスミレ。ちょっと終わりかけです。
Photo_11
ちょっとアリアケ色の強いアリアケヒメスミレ。
Photo_12
大好きなパンダ咲き(二色咲き)。県内では初めてのハリマスミレ。...
Photo_13
広義シハイスミレ×フモトスミレだけど、近くにフモトスミレしか確認できない。さらにこの辺りのはシハイとマキノの中間形質。相手がマキノスミレならミドリミツモリスミレなんだけど…。

新潟行き(1回目)



今日はお墓参りに新潟県まで。例年小千谷付近まで雪があるのですが、今年は僅かに雪があっただけでした。大雪だったけど早く溶けて今は雪がありません。まずはスミレの花見です。
Photo_14

こっちでは標高の低いところにも沢山あるオオバキスミレ。今回はあまり咲いているところに行きませんでした。
Photo_15
こっちだと雪が溶けたところに一面に広がることの多いアオイスミレ。群馬県側の雪が降らないところだとわりに早く咲いてしまうので、スミレを見に行く頃には終わっていることが多い。
Photo_16
群馬にはほとんど無いので雪国のイメージがあるナガハシスミレ。東北にも沢山あるらしいけど・・・。
Photo_17
一歩遅くほとんど終わっていたのでいい花がなかったテリハタチツボスミレ。群馬県内では見ることはできません。
Photo_18
今年は訪れる時期が早く、他のスミレがほとんど咲いてなかったので分かりやすかったコタチツボスミレ(サンイン型タチツボスミレ)。
Photo_19
うーん、なんか微妙なかんじのイワフネタチツボスミレ。オオタチツボとナガハシの交雑種ですが、いち早く咲き出していたのでとても目立ちました。
Photo_20
色が濃いスミレサイシン。雪国だと、群馬県側と違い色の変化が楽しめます。
Photo_21
スミレの最後はマキノスミレ。
他にはタチツボスミレ、オオタチツボスミレ、エゾアオイスミレ、ヒメスミレなどがありました。

つぎに他の花見です。
Photo_22
海側よりもこっちの方が景色が良い感じだったので・・・。今年は雪解けが早く暖かいのですが、まだ田植えの準備はしていませんでした。
Photo_23
こっちではどこにでもある感じのカタクリ。
Photo_24
コシノコバイモとツーショット。
Photo_25
色の綺麗なキクザキイチゲ。...
Photo_26
花盛りだったイチリンソウ。
Photo_27
花見と言えば桜…、と言うことで見頃だったオクチョウジザクラ。
Photo_28
春と言えばツツジ、こっちのツツジはユキグニミツバツツジです。
Photo_29
春のイカリソウ、こっちにはトキワイカリソウが沢山です。
Photo_30
可愛いミチノクエンゴサク。
Photo_31
最後はまだ残っていたナニワズ。

群馬西毛地区

今日は西毛(群馬県の高崎を中心とした西部)に行ってみました。一週間ぶりですが、やはり花の進みが早いです。まずはスミレ以外から。
P4060251
白いカラスノエンドウが今年も元気に咲いていました。ここでしか見ていないけど毎年咲いてくれているので、ここに来る一つの楽しみでもあります。
P4060235
もうクサイチゴが花盛りです。
P4060223
ジュウニヒトエも花盛りです。でも、どちらかというともう花盛りを過ぎ伸びすぎているのが多くなってました。
P4060231
背景とか気にしながら、クサノオウも写真の練習のつもりで…。
P4060232
ついでにシロヤブケマン(ムラサキケマンの白花)も。
P4060236
ここで咲いているミツバツツジはもう終わりそうです。

続いてはスミレ特集。

P4060222
コスミレは終わりタチツボスミレも根生花がひと区切り、ノジスミレは今が盛りです。でも、日当たりの良い所ではそろそろ終わりに近くなってます。
P4060253
ちょっと標高が高いとアカネスミレが残ってます。この株は花がアカネっぽいけど、よく見ると葉に毛がないので正確にはオカスミレです。
P4060247
桜の花の中に埋もれているヒナスミレ。桜の花びらとほぼ同じ色をしているので遠目には気がつきません。
P4060239
えーっ、もう咲いてる!。いつもなら4/15~20あたりなのに…。まあ、そんな気がしたので登ってきましたが、今年も二株ミドリミツモリがありました。...

P4060243
ミドリミツモリの両親、左のフモトスミレと右のマキノスミレです。マキノは見頃でフモトは咲き始めでした。

そして、勉強のつもりで毎年ここで見比べながら調べてます。
P4060225
今年はニオイタチツボスミレがたくさん咲いてました。
P4060226
ぽつぽつとマルバタチツボスミレが混ざってます。いつもはタチツボスミレの中に混ざってますが、今年は一気にニオイタチツボスミレも咲いたようです。次の3枚で見比べてみました。
P4060228
タチツボスミレの花。
P4060229
マルバタチツボスミレの花。...
P4060230
ニオイタチツボスミレの花。

花の色が中間色でニオイより淡めで中央の白とのコントラストが少し弱く感じる。花の形も縦長から少しずつ丸くなっているような感じに見える。葉の感じはニオイタチツボスミレに近いかなぁ。

桐生市北部

花の開花が早すぎる。今日は桐生市の上の方まで行ってみた。
Dscn7356
標高750mの小中大滝付近、カタクリが咲き始めなのに、アカヤシオが良い感じに咲いている。地面の植物よりも木の方が早い。
Dscn7354
地面ではやっとハナネコノメが咲き終わったくらいなのに。
Dscn7352
イワネコノメは咲きはじめ。
Dscn7353
ハルトラノオだってまだ芽を出したばっかり。...
P4050200
少し下りるとイヌブナも咲き出してる。
P4050203
もっと下ではシュンランが終わりかけ。
P4050205
そして、アミガサタケは食べ頃。

スミレのまとめ載せ。標高100~700mくらい。
P4050211
アオイスミレも一週間以上早い。もう終わりそうになってる。
P4050207
シロバナツクシコスミレはほぼ満開。でも、なんか最初に見つけたときより数が少しずつ減ってる気がする。
P4050216
まだ早いと思ってたヒカゲスミレも咲き出してる。
P4050210
ヒナスミレはそろそろ終わるんじゃないかな。...
P4050215
ヒトツバエゾスミレは咲き出したくらい。標高を上げないともう良い花は見られないかも。
P4050196
ほぼナルカミスミレかなぁ。
P4050192
なんかこぢんまりとしたタチツボスミレ。タチツボスミレは変異が多いからなぁ。
P4050194
もう一つ、タチツボスミレの先祖返り、ミドリタチツボスミレ。この中の約半分は一ヶ所の斜面で撮影。ここの斜面は変なスミレばっかりあった。

前橋の北部

車の外気温計が29℃…夏か!。思わずエアコンを使用。雨も降らないから花粉がすごい…。
近くのお寺で外来種スミレのまとめ。

Dscn7347
標高300mだと思ったけど、もう桜は散り始めてます。
P4040185

ビオラ、ソロリア(アメリカスミレサイシン)類がぞろぞろ植えてある。代表はパピリオナケアで、色んな所に進出して一瞬タチツボスミレに見えたりする。
P4040182
二色咲きのプリケアナは、見るからに園芸っぽい。
P4040184
白花のスノープリンセスは、綺麗なので良く庭先に植えてある(うちにもあった)。
Dscn7346
うちの庭に放牧したフイリゲンジスミレは、細々と生きてます。あまり外に逃げないので良いかなと思って…。

そして、そろそろ桜も散り始めの嶺公園です。
P4040187
アカネスミレが良い感じに咲きそろってきました。
P4040191
林の中のコスミレも咲きそろってますが、そろそろ終わりに近づいてます。
P4040188
マルバスミレはやっと咲き始めです。
P4040190
スミレもまだ咲き始めです。

より以前の記事一覧

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アメフらんど NEO

無料ブログはココログ