最近のトラックバック

ホームページ

音楽

草津音楽祭

土曜日に、草津の音楽祭に行ってきました。今週は音楽関係が多いです。第36回の草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティバルです。今年のテーマは「1815年ウイーン・ビーダーマイヤー時代、1915年ドビッシーと20世紀の音楽」でした。16日(日)~30日(日)のちょうど真ん中あたりです。

Dscn6324
会場は草津音楽の森国際コンサートホール。30分前に開場します。とりあえずは、抹茶のサービスを受けながら開演時間を待ちます。

Dscn6325

街中コンサートをやっている団体の方達が、いつもホルンの演奏をしてくれます。これが終わるとそろそろ開演時間です。

演目は、前半は遠山慶子さんのピアノとヒンク氏のバイオリン、ヴォルガ氏のチェロによるドビュッシー作曲の室内楽(ヴァイオリンソナタとチェロソナタ、ピアノ独奏)でした。今回ちょっとびっくりしたのは楽譜が電子化されてモバイルの楽譜を足でコントローラーを操作してページをめくっていたことでした。(演奏中は撮れないので終わったあとの休憩)Dscn6326
後半は、ベートーベンの七重奏曲(ヴァイオリン、、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、ホルン、クラリネット、チューバ)でした。
Dscn6327

今年も、天皇皇后両陛下が聞きに来られるそうですが、その日のチケットはだいたい取れません。道路で手を振ったのが一、二度です。





さようなら、渋公

昨日は、渋谷公会堂のコンサートに行ってきました。一時期「C.C.Lemonホール」だったこともありましたが、10月には閉館し立て替えになるのでこれが最後の渋公です。改めて見ると、造りも見た目も古さが目立ちます。

Dscn6317
まだ開演までには30分以上有ります。毎年8月20日はここで彼女のコンサートに来ています。13年前に初めてここでライブをして、翌年は厚生年金会館、翌々年はZeppでした。Zeppから来始めて(聞き始めたのは前の年です)、それからずっとですから10年間通っています。それも今年で最後です。来年はどこになるんだろう。

Dscn6318
さすがに、本チャンは撮れないので終わったあとに撮りました。オープニング曲とエンディング曲は、この日にしか歌わない特別な曲です。この曲を聴くために来ているのもあります。10年前に、彼女と似た環境になった時にこの曲を聴いて涙したのをきっかけにファンになり、チケットを撮るためにファンクラブにも入り、他のライブにも来るようになりました。今回はほとんどが5年以上前の曲ばかりです。本チャンの最後は一人I WiSHだし。アンコールで初めて新曲と未公開アルバム曲でした。アルバムが発売されるとツアーはやるみたいです。未だにインディーズなので、なかなか田舎にはやってきません(ρ_;)。

Dscn6321

最後の記念にライトのついた渋公を撮りました。鈍行で帰ると家に着く頃は翌日なのであまりのんびり出来ません。おまけに最近は人身や故障が多いし・・・。

チャーチ・ライブ

今日はあいちゃんのチャーチ・ライブの初日です。前回は平日のため参加できませんでしたが、今回のチャーチ・ライブは同じ平日でも地元での開催のため、参加することが出来ました。市役所近くの教会が会場です。

Dscn1573

ステージは、普段牧師さんがいるところに機材が並んでいます。本人は写真が撮れませんので、開演前の写真です。キーボード、バイオリン、ギターのこぢんまりとした編成です。Dscn1574

コンサートの時と違い、どちらかというとバラードが多くて良い雰囲気でした。当然弾き語りありです。一部アカペラもやってました。大きな会場よりも、こういう小さな会場でしっとりと聞かせてくれる方が個人的には好きです。ただし、後ろの方だとよく見えないのと、それほど人は入れないのが難点です。今回はほぼFC会員ばかりという感じでした。終了後にFC限定企画があり、今回は、路上時代の曲の中から聴きたい曲をみんなに聞いて曲を決めて歌うという方式でした。最後に握手会をして終了でした。

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アメフらんど NEO

無料ブログはココログ